ヤン・ガルバレク+ヒリヤード・アンサンブルのライヴ・アルバム リリース
『Remember me, my dear』(ECM2625)

閲覧回数 1,458 回

カルテット結成20周年を記念して制作された名作『Officium』(ECM )リリース以来25年にわたって活動を続けてきたノルウェーのサックス奏者ヤン・ガルバレクとイギリスのヴォーカル・グループ、ヒリヤード・アンサンブルがライヴ・アルバムをリリース。

レコーディングは彼らの最後のツアーから、2014年10月、スイス・ティチーノ州の州都ベリンツォナにある聖ピエトロ・エ・ステファーノ教会のコッレジャータ聖堂で収録された。レパートリーは彼らが歌い継いで来た中世/ルネサンス音楽からコミタス、アルヴォ・ペルトらの現代曲まで多彩で、スコットランド民謡〈Remember me, my dear(忘れないでね、あなた)〉で幕を閉じる。このアルバムは、『Officium』(1994)、『Mnemosyne』(1999)、『Officium Novum』(2010)、に続く彼らが共演した4作目となる。
1974年に結成されたヒリヤード・アンサンブルは2014年のロンドン公演を最後に活動を停止したが、このアルバム・リリースを期に、ヤン・ガルバレクがタブラのトリロク・グルトゥをフィーチャーしたグループで来春までヨーロッパ・ツアーをスタートさせた。
なお、彼らは1989年に来日コンサートを実現させている。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。