11/27-30 デヴィッド・サンボーン with ランディ・ブレッカー、エリック・ミヤシロ BNTASJO

閲覧回数 1,161 回


デヴィッド・サンボーンとランディ・ブレッカーは、それぞれが管楽器奏法においても、サウンドやスタイルにおいてもイノヴェーターであり、ファーストコールとして君臨し、マイケル・ブレッカーと並んで、ジャンルを超えて1970年台以降のブラスサウンドを作り上げ、決定づけてきた。今回、その二人、デヴィッドがランディをゲストにブルーノート東京で公演を行う。

また、デヴィッド・サンボーンと、エリック・ミヤシロ率いるブルーノート東京・オールスター・ジャズ・オーケストラ(BNTASJO)との共演も再び実現する。特にサックスは、まだまだ発展途上の楽器でデヴィッド・サンボーンが与えた影響はあまりに大きいが、その影響をもろに受けて育ってきたサックス&ブラスの名手の共演。前回も、デヴィッドのオンリーワンのあまりの凄さと、それを吸収しながら実はテクニック的にはある意味超えてもいる日本のトッププレイヤーの凄さと巨匠への想い。デヴィッド・サンボーンがこれまでも指名してきたパーカッショニスト岡部洋一の参加も嬉しい。エリック・ミヤシロ編曲のデヴィッドも絶讃する素晴らしいブラスアンサンブルにのって、いつものBNTASJOを超える熱過ぎるライブになりそうだ。

エリック・ミヤシロは以下のようなメッセージを寄せている。「前回の大盛況だった公演に続き、今回の公演も「The Dream」や「Run for Cover」など、Davidの超名曲ばかりのオンパレード。やはり管楽器ソリストの伴奏には管楽器12人が奏でるビッグバンドが最高です。前回と違う我々オールスターズとDavidのコラボで何が起こるかが今から楽しみ過ぎます!是非この公演は見逃さないで下さい!」

DAVID SANBORN with special guest RANDY BRECKER
デヴィッド・サンボーン with special guest ランディ・ブレッカー

2019年11月28日(木)〜11月29日(金) 18:30 21:00 ブルーノート東京 Blue Note Tokyo
11月30日(土) 17:00 20:00
David Sanborn(sax) デヴィッド・サンボーン(サックス)
Randy Brecker(tp) ランディ・ブレッカー(トランペット)
Kenny Davis(b) ケニー・デイヴィス(ベース)
Geoffrey Keezer(key) ジェフリー・キーザー(キーボード)
Billy Kilson(ds) ビリー・キルソン(ドラムス)

BLUE NOTE TOKYO ALL-STAR JAZZ ORCHESTRA directed by ERIC MIYASHIRO with special guest DAVID SANBORN
ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロ with special guest デヴィッド・サンボーン 

2019年11月27日(水) 18:30 21:00 ブルーノート東京 Blue Note Tokyo
Eric Miyashiro(tp,conductor) エリック・ミヤシロ(トランペット、コンダクター)
David Sanborn(sax) デヴィッド・サンボーン(サックス)
Masato Honda(sax) 本田雅人(サックス)
Miho Terachi(sax)寺地美穂(サックス)
Osamu Koike(sax)小池修(サックス)
Ryoji Ihara(sax)庵原良司(サックス)
Kei Suzuki(sax)鈴木圭(サックス)
Atsushi Ozawa(tp)小澤篤士(トランペット)
Hitomi Niida(tp)二井田ひとみ(トランペット)
Teppei Kawakami(tp)川上鉄平(トランペット)
Ryusuke Kanke(tp)菅家隆介(トランペット)
Yoichi Murata(tb)村田陽一(トロンボーン)
Eijiro Nakagawa(tb)中川英二郎(トロンボーン)
Ayaka Ishibashi(tb)石橋采佳(トロンボーン)
Junko Yamashiro(tb)山城純子(トロンボーン)
Ryu Kawamura(b) 川村竜(ベース)
Shinnosuke Takahashi(ds) 高橋信之介(ドラムス)
Yoichi Okabe(perc) 岡部洋一(パーカッション)

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。