12/3-15 国立科学博物館 電子楽器100年展

閲覧回数 652 回

電子楽器100年展
上野・国立科学博物館
2019年12月3日(火)~2019年12月15日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(金・土曜は午後8時まで)
※入場は各閉館時刻の30分前まで ※休館日: 12月9日(月)
料金: 博物館の常設展示入館料のみで観覧可能
一般・大学生:630円 高校生以下および65歳以上:無料
主催:公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団

1920年にロシアのレフ・テルミン博士が「テルミン」を発明して約100年、電子楽器は技術的な革新を重ねてきた。特にシンセサイザーの分野で日本のメーカーが世界のトップミュージシャンとともに開発に取り組みながら、音楽シーンだけでなく芸術と文化に大きな影響を与えてきた。冨田勲、YMOなどが世界に発信したインパクトも大きかった。その中でも、MIDIの提唱者、ローランドの創始者、梯郁太郎(1930年2月7日〜2017年4月1日)の存在は大きく、グラミー賞受賞、バークリー音楽大学名誉博士号などでその偉業が評価されている。梯の遺志を継ぐ、かけはし芸術文化振興財団が中心となり、展示やさまざまなイベントを通じて、電子楽器とそれが生み出した電子音楽を科学的かつ芸術的な視点で多角的に体験できる企画展「電子楽器100年展」を国立科学博物館で開催する。国立科学博物館と共催、東京藝術大学音楽学部、一般社団法人全国楽器協会、一般社団法人音楽電子事業協会等の協力で、国立科学博物館本館内3会場に加え、東京藝術大学の第6ホールを加えた4会場での開催もとなる。さまざまなイベントやセミナーが開催されるのでウェブサイトをお早めに参照されたい

なお、国立科学博物館への入場券として、1年間有効のリピーターズパスもお勧めしたい。「常設展」と、附属施設の筑波実験植物園(茨城県つくば市)と附属自然教育園(東京都港区白金台)に何度でも無料で入館(園)できる。

この期間に、隣接する国立博物館では、Depapepeがプロデュースし、福盛進也&藤本一馬などが出演する「トーハク・ジャズ・フェスティバル」も開催されるので、併せて行くのはどうだろう。福盛進也の来日スケジュールはこちらを参照されたい。


Daiwa Sakura Aid presents トーハク ジャズフェスティバル
2019年12月6日(金) 17:00~19:00
12月7日(土) 17:00〜21:00
国立博物館平成館-前庭 (東京・上野)
2019年12月6日(金)
17:00-17:30 ブルームーンカルテット LIVE
18:00-18:30 ジュスカ・グランペール LIVE

2019年12月7日(土)
17:00-17:30 Shiho LIVE
18:00-18:30 あんみつ LIVE
19:00-19:30 TOKU LIVE
20:00-20:30 藤本一馬 福盛進也

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。