12/9 ハインツ・ホリガーと仲間たち コンサートを放映

閲覧回数 8,222 回

Cover photo: Priska Ketterer

ハインツ・ホリガーは、1939年にスイスに生まれ、オーボエの名手であるとともに、作曲者、指揮者としても活躍し、ECM Recordsに多数の作品を残してきた。その80歳を記念して浜離宮朝日ホールで開催された、信頼する仲間たちとともにバロックから現代までを紡ぐコンサートの模様を放映する。細川俊夫がハインツのために作曲した新作<結び>は、オペラシティでの世界初演に継いでこちらでも演奏された。

クラシック倶楽部
ハインツ・ホリガーと仲間たち~生誕80年記念~
Heinz Holliger and Friends Concert

2019年12月9日 05:00〜06:00 NHK-BSプレミアム

Heinz Holliger ハインツ・ホリガー: Oboe
Marie-lise Schüpbach マリー・リーゼ・シュプバッハ: Oboe, English Horn
Diego Chenna ディエゴ・ケンナ: Fagotto
Edicson Ruiz エディクソン・ルイス: Contrabass
Akiko Kuwagata 桒形亜樹子: Cembalo

バッハ: トリオ・ソナタ 変ホ長調 BWV525から 第3楽章
Bach: Sonate 1 Es-Dur, BWV 525 – 3. Allegro
(オーボエ)ハインツ・ホリガー、(イングリッシュホルン)マリー・リーゼ・シュプバッハ、(ファゴット)ディエゴ・ケンナ、(コントラバス)エディクソン・ルイス、(チェンバロ)桒形亜樹子
細川俊夫: 結び-ハインツ・ホリガーの80歳の誕生日を祝して-オーボエとイングリッシュホルンのための(2019)
Toshio Hosokawa: Musubi -Für Heinz Holliger zu seinem 80. Geburtstag for oboe and English horn
(オーボエ)ハインツ・ホリガー、(イングリッシュホルン)マリー・リーゼ・シュプバッハ
ホリガー:KLAUS-UR(2001‐2002)
Heinz Holliger: KLAUS-UR
(ファゴット)ディエゴ・ケンナ
ゼレンカ: 2つのオーボエ ファゴットと通奏低音のためのソナタ 第5番」作曲
Jan Dismas Zelenka: Sonate Nr.5 in F-Dur für 2 Oboe, Fagott und Continuo
(オーボエ)ハインツ・ホリガー、(オーボエ)マリー・リーゼ・シュプバッハ、(ファゴット)ディエゴ・ケンナ、(コントラバス)エディクソン・ルイス、(チェンバロ)桒形亜樹子
Jan Dismas Zelenka: Sonate Nr.5 in F-Dur für 2 Oboe, Fagott und Continuo
2019年10月5日(土) 16:00〜 浜離宮朝日ホールで収録

ショットミュージック 細川俊夫《結び》世界初演―ハインツ・ホリガー80歳記念

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。