12/14 EAST MEETS EAST「日本/韓国のこころの歌」〜スペシャル・バンドが奏でる日本/韓国の名曲コンサート

閲覧回数 8,409 回

EAST MEETS EAST「日本/韓国のこころの歌」
2019年12月14日(土) 17:00 すみだ産業会館 サンライズホール
(東京都墨田区江東橋3-9-10 丸井錦糸町店8階)
福盛進也(ds)、ソンジェ・ソン(sax)、
イエウォン・シン(vo)、ジン・ヤン・パーク(p)、
さとうじゅんこ(vo)、甲斐正樹(b)
スペシャルゲスト:加藤登紀子(vo)

<演奏予定曲>
・アリラン
・イムジン河
・愛燦燦
・悲しくてやりきれない
・鳳仙花
・ナグテソルム 他

料金:¥2,000 税込(高校生以下無料)
チケット取り扱いPass Market ※「EAST MEETS EAST」で検索

「政治レベルではなかなか難しいこの二国の関係ですが、芸術レベルでは何も問題ありません。僕たちだけでも素晴らしい音楽を通してたくさん交流を持てるようになればいいのにと、心から思います。」福盛進也(ドラマー・EAST MEETS EAST代表)

ECM Recordsから『Shinya Fukumori Trio / For 2 Akis』、『Near East Quartet』などのアルバムをリリースし、世界で活躍するアジア人アーティストが集まり、日本と韓国のこころの歌を演奏するスペシャルコンサート。企画に賛同した加藤登紀子が急遽スペシャル・ゲストとして登場。日本/韓国の名曲の数々として韓国人・在日韓国人・日本人に向けたアンケートから演奏曲を決定した。本コンサート以外の福盛進也および「EAST MEETS EAST」関連コンサートについては、「12/3-1/17 福盛進也 来日スケジュール」をご参照いただきたい。

詳細は、FacebookTwitter

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。