12/30, 1/2 大友良英 〜 大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」総集編

閲覧回数 8,658 回

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」総集編
2019年12月30日(月)13:05~17:40 NHK総合
<再放送>
第1部 2019年1月2日(木)08:00~10:15 NHK-BSプレミアム
第2部 2019年1月3日(金)08:00~10:15 NHK-BSプレミアム

大友良英が音楽を担当した2019年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」の総集編放映が決定した。2013年 NHK連続テレビ小節「あまちゃん」のチームが初の大河ドラマに挑み、脚本の宮藤官九郎、演出の井上剛、そして音楽に大友良英。”日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と”日本にオリンピックを招致した男”田畑政治(阿部サダヲ)を軸に、1912年ストックホルム初参加から、1940年幻の東京オリンピック、1964年の実現まで、激動の半世紀を人々にフォーカスしながら、宮藤ならではのスピード感と伏線の緻密さの中で、大友のときに繊細でときにお祭り感のある音楽とともに、たくさんの人々を巻き込んで行くストーリー。結果的に、視聴率は低迷したものの、大河ドラマの可能性と視聴者層を切り拓いた点で、高い評価も受け、歴史に残ると思われる。

作曲は大友良英に加え、江藤直子とSachiko M、オーケストラ・ストリングスアレンジは江藤直子、リズムアレンジは芳垣安洋が担う。NHK交響楽団、大友良英スペシャルビッグバンド、芳垣安洋オルケスタ・ナッジ!ナッジ!を中心にしつつ、アート・リンゼイ、サンチャゴ・バスケス、渡辺貞夫など、さらに一般の参加まで、幅広い音作りを行ってきた。その音楽の数々を映像とともに楽しみたい。

なお、2019年12月29日には、新宿ピットインで、いだてんファイナルのライブも開催された。


「いだてん」ファイナル
大友良英スペシャルビッグバンド、芳垣安洋オルケスタ・ナッジ!ナッジ!

2019年12月29日 20:00- 新宿ピットイン

大友良英スペシャルビッグバンド
大友良英(G) 江藤直子(P) 近藤達郎(Key) 斉藤 寛(Fl) 井上梨江(Cl)
鈴木 広志(Sax) 江川 良子(Sax) 東 凉太(Sax) 佐藤秀徳(Tp) 今込 治(Tb) 木村仁哉(Tuba) 大口俊輔(Acc)
かわいしのぶ(B) 小林武文(Perc) 上原なな江(Perc, Marimba) Sachiko M (Sinewaves,Per)

Orquesta Nudge! Nudge!
芳垣安洋(Ds,Perc)高良久美子、岡部 洋一、関根真理、川谷龍大、Taichi、中里たかし、 辻コースケ、Izpon(以上Perc)

第一部 金栗四三 編
いだてん メインテーマ
青雲
邂逅
肋木
自転車節
復興節
富久マラソン
浅草ロック

第二部 田畑政治編
田畑のテーマ
闘う女子
夢見る人
ベルリン(江藤直子)
戦争と平和(江藤直子)
Team Tabata (Sachiko M)
選手村(大友、未放送)
スタジアム
いだてん メインテーマ

いだてん メインテーマ (観客参加)

サントラに収録された曲は以下の通り。


大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
1 いだてん メインテーマ / 2019年大河ドラマ メインテーマ
2 富久マラソン
3 青雲1
4 ランナー
5 孝蔵のテーマ
6「走る人」金栗四三のテーマ
7 邂逅
8 金栗家
9 浅草六区
10 小さな国
11 スヤのテーマ
12 肋木
13 次回乞うご期待!
14 落日
15 ばばばっ!
16 自転車節
17 トクヨのテーマ
18 天狗倶楽部
19 強き魂
20 ストックホルムの敗北
21 マラソン
22 すっすはっはっ
23 シマのテーマ
24 スタジアム
25 奇跡~メインテーマ バンドバージョン
26 青雲2


大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編
1. いだてんメインテーマ (歓声入りVer) /2019年大河ドラマ メインテーマ
2. 金の男
3. 田畑のテーマ
4. 闘う女子
5. 変貌
6. Far East
7. 新世代
8. グロリアス!
9. 孝蔵のブルース
10. 河童のテーマ
11. にらみあい
12. 夢見る人
13. 覚悟のとき
14. Team TABATA
15. 焼け野原
16. 空のうた
17. 勝のテーマ
18. 新富久マラソン
19. 戦争と平和
20. スタディオン
21. ユートピア

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。