第62回 グラミー賞2019 受賞者速報〜ジャズ、クラシックを中心に

閲覧回数 13,353 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄  / The 62nd Grammy Award 2019 – Winner List

2020年1月26日(月)「第62回 グラミー賞 2019」の授賞式が開催された。その受賞者をジャズ部門とクラシック部門を中心に速報し、ジャケットイメージと関連動画をお届けする。全受賞者リストは公式ウェブサイトを。ニューヨークを拠点に活躍するジャズ作曲家 挾間美帆『Dancer in Nowhere』が、最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞にノミネートされ、今回は惜しくも逃したが、2019年以降の飛躍の数々も経て今後が楽しみだ。「ノミネートはひとつの通過点に過ぎないので、今まで通り全力でいい作品を作る努力を続けたい。」と言う。他にジャズ部門では、チック・コリア、ブラッド・メルドー、エスペランサ・スポルディング、ランディ・ブレッカー、ブライアン・リンチ・ビッグバンド。もっと若手への授賞に期待したいところではあるが、気鋭のジェイコブ・コリアーが驚異の編曲能力で2冠受賞。授賞式では、チック・コリアが、<Armando’s Rhumba>を演奏した
クラシック部門については記事中盤を参照いただきたい。最優秀室内楽アルバム賞を受賞した「Shaw: Orange/Attacca Quartet」には、ヴァイオリンで徳永慶子が参加している。Nonesuch Recordsがジャズ、クラシックとも多数受賞した。
「最優秀ボックス・特別限定盤パッケージ賞」では、グラフィックデザイナーでありディレクターの小池正樹が、『Woodstock: Back To The Garden – The Definitive 50th Anniversary Archive』で二度目の受賞となった。

総合として、圧倒的な存在感を示したのは、ティーンズのカリスマとなっている18歳のビリー・アイリッシュ。デビューアルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』と<Bad Guy>が主要4部門(最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀新人賞、最優秀楽曲賞)と最優秀録音賞を制覇した。主要4部門制覇は、1981年のクリストファー・クロス以来38年ぶり2度目、女性では初という。17歳時点でのノミネートも史上初と異例ずくめだ。

RECORD OF THE YEAR
BEST NEW ARTIST
SONG OF THE YEAR

Billie Eilish / Bad Guy

ALBUM OF THE YEAR
BEST POP VOCAL ALBUM
BEST ENGINEERED ALBUM, NON-CLASSICAL

Billie Eilish / When We All Fall Asleep, Where Do We Go?



BEST LATIN JAZZ ALBUM
Antidote
Chick Corea & The Spanish Heart Band


BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM
Finding Gabriel
Brad Mehldau
(Nonesuch)


BEST LARGE JAZZ ENSEMBLE ALBUM
The Omni-American Book Club
Brian Lynch Big Band


【同部門ノミネーション】
Dancer In Nowhere
Miho Hazama


BEST IMPROVISED JAZZ SOLO
Randy Brecker Sozinho
Track From: Rocks (Randy Brecker & NDR Big Band – The Hamburg Radio Jazz Orchestra With David Sanborn, Ada Rovatti & Wolfgang Haffner)


BEST JAZZ VOCAL ALBUM
Esperanza Spalding
12 Little Spells


BEST ARRANGEMENT, INSTRUMENTS AND VOCALS
All Night Long
Jacob Collier Featuring Jules Buckley, Take 6 & Metropole Orkest

BEST ARRANGEMENT, INSTRUMENTAL OR A CAPPELLA
Moon River
Jacob Collier


BEST INSTRUMENTAL COMPOSITION
Star Wars: Galaxy’s Edge Symphonic Suite
John Williams

試聴はこちら

!!!!!クラシック部門!!!!!

オーケストラでは、グスタヴォ・ドゥダメル指揮ロサンゼルス交響楽団による『Norman: Sustain』。ウィントン・マルサリスのヴァイオリン協奏曲は、ニコラ・ベネディッティのソロで受賞した。「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー、クラシカル」のブラントン・アルスポーは2年連続。ジョン・ウィリアムスは、カリフォルニア・アナハイムの新アトラクション「Star Wars: Galaxy’s Edge」のために作曲した組曲で受賞。


BEST ORCHESTRAL PERFORMANCE
Gustavo Dudamel / Los Angeles Philharmonic
Norman: Sustain


BEST CLASSICAL SOLO VOCAL ALBUM
Songplay
Joyce DiDonato


BEST CLASSICAL INSTRUMENTAL SOLO
Marsalis: Violin Concerto; Fiddle Dance Suite
Nicola Benedetti


BEST CHAMBER MUSIC/SMALL ENSEMBLE PERFORMANCE
Shaw: Orange
Attacca Quartet
(Nonesuch)


BEST CHORAL PERFORMANCE
Duruflé: Complete Choral Works
Robert Simpson, The Houston Chamber Choir


BEST OPERA RECORDING
Picker: Fantastic Mr. Fox
Gil Rose, John Brancy, Krista River, Andrew Craig Brown, Edwin Vega & Gabriel Preisser


BEST CONTEMPORARY CLASSICAL COMPOSITION
Higdon: Harp Concerto
Yolanda Kondonassis, Ward Stare & The Rochester Philharmonic Orchestra


BEST CLASSICAL COMPENDIUM
The Poetry Of Places
Nadia Shpachenko

PRODUCER OF THE YEAR, CLASSICAL
Blanton Alspaugh


BEST ENGINEERED ALBUM, CLASSICAL
Riley: Sun Rings
Kronos Quartet
(Nonesuch)


BEST CONTEMPORARY INSTRUMENTAL ALBUM
Mettavolution
Rodrigo y Gabriela


BEST BOXED OR SPECIAL LIMITED EDITION PACKAGE
Woodstock: Back To The Garden – The Definitive 50th Anniversary Archive
Masaki Koike, art director (Various Artists)

2020 GRAMMYs Performance
Chick Corea performs “Armando’s Rhumba”

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。