延期 3/3-7 「マイク・スターン=ジェフ・ローバー・フュージョン」 来日公演

閲覧回数 7,801 回

MIKE STERN – JEFF LORBER FUSION
マイク・スターン=ジェフ・ローバー・フュージョン

==この公演は延期になりました==
2020年3月3日(水) 18:00 20:45 名古屋ブルーノート Nagoya Blue Note
2020年3月5日(木)〜6日(金) 18:30 21:00 ブルーノート東京 Blue Note Tokyo
2020年3月7日(土) 17:00 20:00 ブルーノート東京 Blue Note Tokyo
2020年3月8日(日) 16:15 19:15 モーションブルー横浜 Motion Blue Yokohama

Mike Stern(guitar) マイク・スターン(ギター)
Jeff Lorber(keyboards) ジェフ・ローバー(キーボード)
Jimmy Haslip(bass) ジミー・ハスリップ(ベース)
Gary Novak(drums) ゲイリー・ノヴァク(ドラムス)

ニューヨークを拠点にしながら、マイルス・デイヴィス・グループ、マイケル・ブレッカー・バンド、ステップス・アヘッドなどのコアメンバーも経つつ、自身のプロジェクトを中心にコンテンポラリー・ジャズを牽引し続け、両腕を骨折する怪我からも復帰、多忙な活動を続けるマイク・スターンと、ロサンゼルスを拠点に活動するスムース・ジャズ~フュージョンで活躍してきたキーボーディスト、ジェフ・ローバー。そのお互いに尊敬しあう二人が、2019年秋に『Eleven』をリリースし、ジョイント・ツアーの最終地としてアジアを選んだ。“ジェフ・ローバー・フュージョン”の現メンバーであり、『Eleven』にも参加しているジミー・ハスリップとゲイリー・ノヴァクが参加する。親しみやすく、ときに美しいリフと、テクニックも駆使しながら歌心に溢れたソロ、インタープレイを楽しみにしたい。

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。