3/7-8 びわ湖ホール『神々の黄昏』無料ライブストリーミング

閲覧回数 1,404 回

びわ湖ホール プロデュースオペラ
ワーグナー作曲 ≪ニーベルングの指環≫
第3日『神々の黄昏』(全3幕)
Der Ring des Nibelungen
Götterdämmerung

無料ライブストリーミング配信(ドイツ語上演・字幕なし)
配信日時:2020年3月7日(土)・8日(日)各日13:00開始、19:00終了予定
3月7日(土)公演のYouTubeはこちら
3月8日(日)公演のYouTubeはこちら 

びわ湖ホールは、ワーグナーの『ニーベルングの指環』(リング全4作)を4年かけて作り上げる一大プロジェクト「びわ湖リング」を2017年より開始、演出にミヒャエル・ハンペ、舞台美術・衣裳デザイナーにヘニング・フォン・ギールケを迎え、毎年1作ずつ新制作し、第1弾『ラインの黄金』、第2弾『ワルキューレ』、第3弾『ジークフリート』を全て完売としながら、2020年『神々の黄昏』をもって完結する予定となっていた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、びわ湖ホール プロデュースオペラ『神々の黄昏』の公開は中止となったが、無観客公演を行い、その様子を無料ライブストリーミングで同時配信することとなった。また、同日別途録画する高画質な映像を後日DVDとして発売する。公演概要はこちら

指揮:沼尻 竜典(びわ湖ホール芸術監督)
管弦楽:京都市交響楽団
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、新国立劇場合唱団
演出:ミヒャエル・ハンペ
美術・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ
照明:齋藤 茂男
音響:小野 隆浩(びわ湖ホール)
演出補:伊香 修吾
舞台監督:幸泉 浩司

Conductor: NUMAJIRI Ryusuke (Artistic Director of Biwako Hall)
Stage Director: Michael HAMPE
Stage & Costume Designer: Henning von GIERKE
Lighting Designer: SAITO Shigeo
Sound Designer: ONO Takahiro (Biwako Hall)
Associate Stage Director: IKOH Shugo
Stage Manager: KOIZUMI Hiroshi

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。