[動画配信] 小曽根 真 ミュンヘン・サマー・ピアノ・フェスティヴァル 1984

閲覧回数 10,669 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

Makoto Ozone Solo at Münchner Philharmoniker
Münchner Klaviersommer 1984
小曽根 真 ソロ アット ミュンヘン・フィルハーモニー
ミュンヘン・サマー・ピアノ・フェスティヴァル

プレミア公開:2020年4月20日(月)早朝04:00 4月21日より有料に

【こちらから「Qwest TV」のページに進み、 「SUBSCRIBE」を押すと、有料会員登録オプションが表示される(無料トライアルもある)。】(4月21日追記)

メジャーデビューから間もない1984年、23歳の夏に、ミュンヘン・サマー・ピアノ・フェスティヴァルで行われた小曽根真ソロピアノコンサートの貴重な映像が、Qwestで公開されることになった。このフェスにはトップミュージシャンが招聘され、例年、キース・ジャレット、チック・コリア、ハービー・ハンコック、マッコイ・タイナー、マイルス・デイヴィス、フリードリッヒ・グルダ、ギドン・クレーメルなどが出演、1984年にはセシル・テイラーもソロコンサートを行っていた。1995年にはゲイリー・バートンと小曽根真ソロで出演し、Qwestで公開されているので、Qwest TVに有料会員登録された方は、併せて視聴をお勧めしたい。

小曽根真は、神戸からバークリー音楽大学に留学、1983年ジャズ作編曲科を首席で卒業。在学中からゲイリー・バートンに才能を見い出だされ、ゲイリー・バートン・グループに加入しツアーに参加。6月にカーネギーホールでソロリサイタル、CBSと日本人として初の専属契約を結び、ゲイリー・バートンとエディー・ゴメスとの共演によるファーストアルバム『OZONE』を8月にリリースした。1984年11月にドイツ・ルートヴィヒスブルクで『Gary Burton Quartet / Real Life Hits』(ECM1293)を録音し、1985年3月にリリース、ここに<Ladis in Mercedes>、小曽根のオリジナル<I Need You Here>が収められている。セカンドアルバム『After』を1985年11月にニューヨークで録音。『Gary Burton Quartet / Whiz Kids』(ECM1329)は、1986年6月に録音、、、という時系列になる。このときのスコットランド出身のサックスのトミー・スミスとのコラボレーションはアリルド・アンデルセン・トリオも交えて今も続いている。日本においては、ニューポート・ジャズ・フェスティバル in 斑尾 1984での、ゲイリー・バートン・カルテット<Ladies in Mercedes>の放送に衝撃を受けた方々も多いと思う。塩谷 哲も私もそこが入口だった。

Qwest TVはクインシー・ジョーンズと、フランスの TVプロデューサー、レザ・アクバラリーが共同で立ち上げた、ジャズとその周辺に特化した SVOD(定額制動画配信サービス)。クインシー・ジョーンズは1983年頃より小曽根を高く評価し、自身のプロデュースによる小曽根のワールドデビューをオファーしていた。結果的にそれを選択せず違う道を選んだ(Wikipediaにはクインシーによりデビューとの誤った記載がある)。2013年、亀田誠治プロデュースとなる「Quincy Jones The 80th Celebration Live in JAPAN」にNo Name Horsesで出演した。Qwestでは、ミュンヘン・サマー・ピアノ・フェスティヴァルのコンテンツを数多く公開している。小曽根の出演を含めクインシーはこれらのコンサート映像を歴史的瞬間として後世に伝えたいと考え、その公開を急いでいると推測する。最後にクインシー・ジョーンズによるQwest TVの理念をシェアしておきたい。

「私たちがモーツァルトやバッハを振り返るように、100年後の未来の世代が、マイルス・デイヴィスや、チャーリー・パーカーを同じように振り返ってもらえるように、ジャズの文化的な価値を高めていくことが目的です。このサービスがそんな遺産となることを願っています。」
クインシー・ジョーンズ、Qwest TV Co-founder

動画 
Budweiser Newport Jazz Festival In 斑尾 1984
Gary Burton Quartet
Ladies in Mercedes (Steve Swallow)

Gary Burton (vib), Makoto Ozone (p), Steve Swallow (b), Mike Hyman (ds)

動画 WIDE SHOW 11PM (1984, 読売テレビ)
小曽根 実 & 小曽根 真
Crystal Love (Makoto Ozone)

Makoto Ozone (p)

Montreux Jazz Festival 1985 (June 28)
Gary Burton Quartet
Tierra Del Fuego (Jim Odgren)

Gary Burton (vib), Makoto Ozone (p), Steve Swallow (b), Mike Hyman (ds)

Montreal Jazz Festival 1988
Gary Burton Quintet with Pat Metheny
Sea Journey (Chick Corea)

Gary Burton (vib), Pat Metheny (g), Makoto Ozone (p),
Donny McCaslin (ts), Gildas Boclé (b), Marty Richards (ds)

駐日アメリカ大使館 アメリカ留学インタビュー 小曽根 真

Münchner Klaviersommer 1995
Gary Burton & Makoto Ozone Duo

Münchner Klaviersommer 1984
Cecil Taylor Solo

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。