4/22 『藤本昭子+佐藤允彦/雪墨』リリース

閲覧回数 4,297 回

長年に亘り地歌の古典に取り組み2001年から様々な共演者を迎えて「地歌ライヴ」を行なってきた藤本昭子が、佐藤允彦を迎えて「古典の覚醒」をテーマに紀尾井ホール公演を行ったのが昨2019年10月。その後ビクタースタジオで録音したCD『雪墨』が日本伝統文化振興財団よりリリースされた。企画者である藤井昭子が「新たな角度から古典の真価と可能性に光を当てることを意図して企画しました」とライナーノートに書いているとおり、今日的な視点から伝統音楽の可能性に挑んだ画期的な作品となっている。

紀尾井ホールで公演他「地歌ライブ」については度々本誌主幹悠雅彦氏がライブ・レポートで取り上げている。

Live Report #1107「雪墨」 藤本昭子地歌ライブ
第95回記念公演 ファイナルカウントダウンⅥ
https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-45832/

Live Report #1064 藤本昭子 第92回地歌 ライブ
菊岡検校の世界〜古典の未来を担う演奏家との共演〜
https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-38082/

Live Report #1021 藤本昭子~地歌ライヴ 2018
https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-29397/

悠々自適 #75 地歌ライヴに賭ける藤本昭子の闘志と偉業
https://jazztokyo.org/monthly-editorial/monthly-editorial-yuh/post-18954/

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。