[配信] 小曽根 真 Welcome to Our Living Room 〜 自宅からピアノソロ 動画総リスト

閲覧回数 22,054 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄
ジャズ、クラシックなどのジャンルを超え世界で”ボーダーレス”に活躍するピアニスト小曽根 真が、「Welcome to Our Living Room」と題して、毎晩21時(UTC 12時)より、小曽根真のFacebookで自宅リビングルームからミニコンサートの配信を行ってきた。YouTubeチャンネル“Borderless Music” by Makoto Ozoneでは過去の演奏も観ることができる。

Welcome to Our Living Room
ピアノ: 小曽根 真 Makoto Ozone
プロデュース: 小曽根 真、神野三鈴 Makoto Ozone & Misuzu Kanno
音響: 伊藤文善、植木浩司 Fumiyoshi Ito & Hiroshi Ueki (伊藤屋音響)
照明: 岡田勇輔 Yusuke Okada (川本舞台照明)
調律: 外山洋司 Hiroshi Toyama (松尾楽器商会)
映像: 小川 弾 Dan Ogawa (ナイスガイ)

2020年4月9日(木)〜5月31日(日)の53回配信され、新型コロナウイルスCOVID-19による緊急事態宣言の発令によって、ロックダウンや外出自粛要請をされた世界中の人々へ、そして医療従事者やエッセンシャルワーカーに向けての発信だった。

パートナーであり女優の神野三鈴 が映像外からサポートしプロデュースと進行に重要な役割を果たしている。また”ハコ”としての小曽根邸は神野がデザインしたという。(神野は、映画・ドラマ・舞台で活躍し、『マクベス』と『組曲虐殺』で、第27回 読売演劇大賞 最優秀女優賞を受賞、映画『37 Seconds』はベルリン国際映画祭などで数々の賞を受けており、現在Netflixでも公開されている。) また3匹の猫たちもときに映像に出没するのも人気となっている。視聴中にコメントを入れることができ、リクエストもピックアップしながらインタラクティブに進行して行くが、オープンな中にも慎重な構成と選曲の中で、想いのこもった時間を日本中と世界のリスナーと共有していく。

開始から50日以上を経てリアルタイム視聴者数は7千人超と、東京国際フォーラム ホールAの定員5,012人を超え、延べ40万人、テレビやラジオにも取り上げられもはや社会現象だ。実際、小曽根出演のコンサートはホールAを完売することもあるのだが、毎晩コンスタントにこれだけの人が時間を共有する体験というのは、非常に厳しい状況にある中での、また今後のエンターテイメントの在り方と、コミュニティの在り方として非常に貴重な実験としても注目したい。53日目となる5月31日のフィナーレは、サプライズで東急文化村オーチャードホールからの生中継、16,000人がヴァーチャルで詰めかけ、コンサートホール/シアターで感動を共にする歓びを再認識することとなった。

このライブ配信は、小曽根のピアノソロとして行われているが、その録画されたソロ演奏に対して、日本と世界のミュージシャンが音を載せてコラボレーションし動画を再構成する試みがいくつも行われている。以下に、これまでのライブ配信リストと、コラボレーションのリストをまとめた。主としてYouTubeチャンネル「“Borderless Music” by Makoto Ozone」に収められているが、コラボデュオではFacebook動画も含む。

●April, 2020
Day 1 April 9 (Thu), 2020
Day 2 April 10 (Fri), 2020
Day 3 April 11 (Sat), 2020
Day 4 April 12 (Sun), 2020 Part 1
Day 4 April 12 (Sun), 2020 Part 2
Day 5 April 13 (Mon), 2020
Day 6 April 14 (Tue), 2020
Day 7 April 15 (Wed), 2020
Day 8 April 16 (Thu), 2020
Day 9 April 17 (Fri), 2020
Day 10 April 18 (Sat), 2020
Day 11 April 19 (Sun), 2020
Day 12 April 20 (Mon), 2020
Day 13 April 21 (Tue), 2020
Day 14 April 22 (Wed), 2020
Day 15 April 23 (Thu), 2020
Day 16 April 24 (Fri), 2020
Day 17 April 25 (Sat), 2020
Day 18 April 26 (Sun), 2020
Day 19 April 27 (Mon), 2020
Day 20 April 28 (Tue), 2020
Day 21 April 29 (Wed), 2020
Day 22 April 30 (Thu), 2020 – Jazz Auditoria Online

●May, 2020
Day 23 May 1 (Fri), 2020
Day 24 May 2 (Sat), 2020
Day 25 May 3 (Sun), 2020
Day 26 May 4 (Mon), 2020
Day 27 May 5 (Tue), 2020
Day 28 May 6 (Wed), 2020
Day 29 May 7 (Thu), 2020
Day 30 May 8 (Fri), 2020
Day 31 May 9 (Sat), 2020
Day 32 May 10 (Sun), 2020
Day 33 May 11 (Mon), 2020
Day 34 May 12 (Tue), 2020
Day 35 May 13 (Wed), 2020
Day 36 May 14 (Thu), 2020
Day 37 May 15 (Fri), 2020
Day 38 May 16 (Sat), 2020
Day 39 May 17 (Sun), 2020
Day 40 May 18 (Mon), 2020
Day 41 May 19 (Tue), 2020
Day 42 May 20 (Wed), 2020
Day 43 May 21 (Thu), 2020
Day 44 May 22 (Fri), 2020
Day 45 May 23 (Sat), 2020
Tokyo JAZZ – May 23 (Sat), 2020
No Strings Attached (Makoto Ozone) – Remote Big Band Version

Day 46 May 24 (Sun), 2020
Day 47 May 25 (Mon), 2020
Day 48 May 26 (Tue), 2020
Day 49 May 27 (Wed), 2020
Day 50 May 28 (Thu), 2020
Day 51 May 29 (Fri), 2020
Singapore Symphony Orchestra – May 29 (Fri), 2020
Conversations with the Artist: Makoto Ozone
(with Jonathan Fox)

Day 52 May 30 (Sat), 2020

Day 53 May 31 (Sun), 2020 Finale from Orchard Hall, Tokyo (Edited)

以上、YouTubeチャンネル“Borderless Music” by Makoto Ozoneにアーカイブされているのでご参照されたい。最終日、5月31日、文化村オーチャードホール画像の下に「ヴァーチュアル・デュオ動画」総リストが続く。

●ヴァーチュアル・デュオ動画 Virtual Duo Sessions

Waltz for Ronko (Makoto Ozone)
Arild Andersen (bass) & Makoto Ozone (piano)

Bienvenidos Al Mundo (Makoto Ozone)
Gary Meek (tenor saxphone) & 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

あこがれのリオデジャネイロ Longing Rio DeJaneiro (Satoru Shionoya)
塩谷 哲 Satoru Shionoya (piano) & 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

「小曽根真さんと遠隔 Into The Sky をやってみた!?」
Into The Sky (Eijiro Nakagawa)
中川英二郎 Eijiro Nakagawa (trombone), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Into the Sky (Eijiro Nakagawa)中川英二郎 Eijiro Nakagawa (trombone), ニコムジカ Nicomusica (soprano sax), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Myst (Makoto Ozone)
五十嵐一生 Issei Igarashi (trumpet), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Moon River (Henry Mancini)
山本恭司 Kyoji Yamamoto (guitar), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Times Like These (Makoto Ozone)
Richard Szaniszlo (vibraphone), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Sunflower (Henry Mancini)
Richard Szaniszlo (harmonica), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Le Tombeau de Couperin (Maurice Ravel)
Richard Szaniszlo (harmonica), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Spain (Chick Corea)
Ilir Bajri (synthesizer), 小曽根 真, Makoto Ozone (piano)

Send in The Clowns from Musical ”Little Night Music”
伊藤君子 Kimiko Ito (vocal), 小曽根 真, Makoto Ozone (piano)

Le Tombeau de Couperin – Prelude (Maurice Ravel)
岡崎正典 Masanori Okazaki (soprano sax), 小曽根 真, Makoto Ozone (piano)

Le Tombeau de Couperin – Prelude (Maurice Ravel)
近藤和彦 Kazuhiko Kondo (soprano sax), 小曽根 真, Makoto Ozone (piano)

Night and Day (Cole Porter)
Richard Szaniszlo (vibraphone), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

El Cumbanchero (Rafael Hernández)
Mika Mimura Erickson (Marimba), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Dance on the Beach (Makoto Ozone)
本宿宏明 Hiroaki Honshuku (flute), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Dance on the Beach (Makoto Ozone)
滝沢由佳 Yuka Takizawa, 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Dance On The Beach (Makoto Ozone)
RIO (Ukulele), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Someday My Princes Might Come
本宿宏明 Hiroaki Honshuku (flute), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

I try to imagine (Kazuhiko Kondo)
近藤和彦 Kazuhiko Kondo(soprano sax), 小曽根 真, Makoto Ozone (piano)

MO’s Nap (Makoto Ozone)
岡崎正典 Masanori Okazaki (clarinet), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Op-Oz (Makoto Ozone)
中村健吾 Kengo Nakamura (bass), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

早春賦 Soshunfu (吉丸一昌 作詞 / 中田 章 作曲)
Uta (vocal), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

Like a Lover (Alan Bergman, Marilyn Bergman, Nelson Motta and Dori Caymmi)
Roberto Arballo Betuco (guitar), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano) 

Heal the World (Michael Jackson)中山拓海 Takumi Nakayama (soprano sax), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano)

No Strings Attached (Makoto Ozone) – Remote Big Band Version

Isolation: A Space Oddity (David Bowie)
Benny Rietveld (bass, electric piano, organ, background vocals, sound design), 小曽根 真 Makoto Ozone (piano) etc

Singapore Symphony Orchestra
Conversations with the Artist: Makoto Ozone (with Jonathan Fox)

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

[配信] 小曽根 真 Welcome to Our Living Room 〜 自宅からピアノソロ 動画総リスト」への2件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。