8/8, 23 orange pekoe – ベストアルバム『SUN & MOON』LPリリースライブ
ビルボードライブが営業再開

閲覧回数 7,318 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

orange pekoe
Best Album「SUN & MOON」Vinyl Release Live with OPs

2020年8月8日(土) 16:30 19:30 ビルボードライブ東京
2020年8月23日(日) 16:30 19:30 ビルボードライブ大阪

ナガシマ トモコ Tomoko Nagashima (Vocal)
藤本一馬 Kazuma Fujimoto (Guitar)
林 正樹 Masaki Hayashi (Piano)
西嶋 徹 Toru Nishijima (Bass)
斉藤 良 Ryo Saito (Drums)

チャージ: Service Area : ¥6,900 / Casual Area : ¥5,900 (ワンドリンク込)

Masaki Hayashi Toru Nishijima Kazuma Fujimoto

ビルボードライブ各店舗はCOVID-19の影響で長く休業を余儀なくされていたが、ビルボードライブ東京は、8月2日〜3日の石井竜也公演をもって再開し、それに続くのが、orange pekoeだ。また、ビルボードライブ横浜は7月20日〜21日のMISIA公演で新規開店。ビルボードライブ大阪は、7月21日の石丸幹二&吉田次郎公演で再開する。ビルボードカフェ&ダイニングは8月2日で残念ながら閉店となる。

ヴォーカルのナガシマ トモコとギターの藤本一馬によるユニット「orange pekoe」は、1998年、関西学院大学在学中に結成し20年を越える活動を続けている。ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウル、ラウンジ、クラブ、ECMまで多彩な要素を取り入れ昇華させたサウンドと、ナチュラル&オーガニックな音楽性で幅広い人気を獲得してきた。今回は、20周年特別企画として、ベストアルバム『SUN & MOON』が2019年12月にアナログ盤でリリースされたことを記念したライブとなる。2019年8月28日のブルーノート東京公演と同じ、林 正樹、西嶋 徹、斉藤 良というジャズから中南米の多様なグルーヴまでを確かに鮮やかに紡ぎ出す最高のメンバーを従えてステージに登場する。

【orange pekoe からベストアルバム『SUN & MOON』アナログ盤リリースのコメント】

Sun & Moon。春の太陽は温かく照らし、夏の太陽は高揚させ、秋の太陽は生命を支え、冬の太陽は鎮静させる。
その太陽は月を照らし、夜のひとときを美しく象る。
投げかけた光はかつて私達によって生まれたものだけれど、その音楽はいつもあなたの手の中で意味を持つのです。
そして針が落ちる瞬間に生まれるつながりは、私の心にいつも新しい響きを生んでいくのです。
結成20周年、出会ってくれた皆さんにありがとう。
ナガシマトモコ

結成20周年イヤーでのライブやイベントを通して、これでまでたくさんの方々に支えられてきたこと、あらためて感謝の想いでいます。
そして自分にとってこのベスト盤のアナログリイシューは大きなプレゼントを頂いたような気持ち。
手にとってくださるみなさんへ、思い出ともにこれがまたプレゼントとなってくれたら嬉しいな。
初めて聴いてくださる方にも心に残るものであることを願いながら。
藤本一馬

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。