ハクエイ・キム 9/9 トライソニーク 11/27 ソロ at コットンクラブ

閲覧回数 6,201 回

HAKUEI KIM “Trisonique”
ハクエイ・キム “トライソニーク”

2020年9月9日(水) 18:00 20:45 コットンクラブ

ハクエイ・キム (piano)
杉本智和 (bass)
大槻“KALTA”英宣 (drums)

HAKUEI KIM “piano solo”
ハクエイ・キム “ピアノ・ソロ”

2020年11月27日(金) 17:00 19:45 コットンクラブ

ハクエイ・キム (piano solo)

ハクエイ・キムは、1975年京都市生まれ札幌市で育った韓日クォーター。オーストラリア・シドニー音楽大学でニュージーランド出身のピアニストのマイク・ノック(1981年に、エディ・ゴメス、ヨン・クリステンセンとともに『Ondas』(ECM1220)を録音)に師事し、帰国後は日本を拠点に韓国や欧米へと活躍の場を広げている。2005年、DIWより「Open the Green Door」でインディーズ・デビュー。その後、同レーベルより3枚のアルバムをリリース。

2009年にピアノ・トリオ「Trisonique/トライソニーク」を結成し、2011年『Trisonique』(ユニバーサル・ミュージック)でメジャー・デビュー。2016年にはトライソニークでデトロイト・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルに出演。2018年には初のヨーロッパツアーを敢行しフランス、イタリア、ドイツでの公演を成功させた。

残響の美しいのコンサートスペースで録音し、完全即興演奏を収録したピアノソロアルバム『Trace』を2020年6月にリリースしたばかり。ハクエイの魅力である繊細かつ大胆な演奏をコットンクラブで楽しみたい。

Hakuei Kim 『Trace ピアノ即興作品集』

Jazz Auditoria Online 2020 – Hakuei Kim Piano Solo

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。