9/20 『阿部 薫/完全版 東北セッションズ 1971』リリース

閲覧回数 4,340 回

かつて3枚シリーズとしてリリースされた伝説のカリスマ・サックス奏者・阿部薫の絶頂期を捉えた 1971年の東北ツアーの全容(ソロ。一部、パーカッショニスト佐藤康和とのデュオ)が3枚組CDとして9月20日にリリースされる。当初、阿部薫の命日(9月9日)のリリースが予告されていたが、諸般の事情により9月20日に延期されたもの。1971年の東北ツアーは、阿部薫の異彩に着目した故・小野好恵(後に、詩誌「ユリイカ」「カイエ」編集長)により企画・制作・録音されたもの。今回の「完全版」には小野が収録したすべての音源が細大もらさず含まれ、かつてボーナスとしてミニCDに収録されていた<恋人よ我に帰れ 2>や短いながらも阿部の肉声も公開される。加えて、越生・山猫軒のカメラマン南達雄氏がとらえたバス・クラリネットを吹く阿部薫など未公開写真も多数初公開。ライナーノーツは、小野好重、清水俊彦、大場周治、菅原正二、町田康、稲岡邦彌。
阿部薫は、1969年川崎生まれ、19歳でデビュー、1978年までの10年足らずを矢のように駆け抜けたアルトサックス奏者。バス・クラリネット、ハモニカ、ピアノの他、自作尺八なども表現の道具とした天才音楽家と評される。

『阿部薫/完全版 東北セッションズ 1971』
Nadja 21/King International KKJ9003/5 (3CD) ¥6,800+税
*詳細は;https://www.kinginternational.co.jp/genre/kkj-9003/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。