10/19 堀米ゆず子&児玉桃 デュオ・リサイタル

閲覧回数 1,222 回

堀米ゆず子&児玉桃 デュオ・リサイタルYuzuko Horigome & Momo Kodama Duo Recital
「スプリング&クロイツェル」

横浜みなとみらいホール
2020年10月19日(月)13:30
【オール・ベートーヴェン・プログラム】
ヴァイオリン・ソナタ第4番 イ短調 op.23
ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 op.24「春」
ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 op.47「クロイツェル」

1980年にベルギーのブリュッセルで開催されたエリザベート王妃国際音楽コンクールで日本人として初めて優勝したヴァイオリンの堀米ゆず子。
パリを拠点に活躍し、ECMから2枚のアルバムをリリースしている実力派ピアニストの児玉桃。以前モーツァルトのソナタ集で共演しお互いを理解しあう二人がベートーヴェン生誕250年を記念して2大ヴァイオリンソナタ「春」と「クロイツェル」に挑む。詳細はこちら

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。