11/1-2 WONK ブルーノート東京ライヴ

閲覧回数 1,885 回

WONK “Blue Note Tokyo Live 2020
“WONK “ブルーノート東京ライブ 2020”
2020年11月1日(日) 17:00 20:00
2020年11月2日(月) 18:30 21:15

※11.1 sun. 2ndショウのみインターネット配信(有料)実施予定
※アーカイブ配信視聴期間:11.8 sun. 11:59pmまで

WONK – EXPERIMENTAL SOUL BAND BASED IN TOKYO, Since 2013
長塚健斗 Kento Nagatsuka(vocal)
江﨑文武 Ayatake Ezaki(keyboard)
井上 幹 Kan Inoue(bass)
荒田 洸 Hikaru Arata(drums)

安藤康平 Kohei Ando(sax)
小川 翔 Sho Ogawa(guitar)

★ DJ: Kosuke Harada
1日 1st 4:00pm-5:00pm 2nd 7:00pm-8:00pm 2nd Show後
2日 1st 5:30pm-6:30pm 2nd 8:30pm-9:15pm 2nd Show後

WONK(ウォンク)は、2013年に結成されたソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックを横断する4人組「エクスペリメンタル・ソウル・バンド」。メンバーそれぞれが幅広い音楽のフィールドで活動するプレイヤー/プロデューサー/エンジニアという異色なバンドで、2015年にEP『From the Inheritance』、2016年にアルバム『Sphere』をリリースして以来、最先端の音楽性で注目を集めてきた。「東京JAZZ」、「フジ・ロック・フェスティヴァル」、海外でも公演を行い、2018年にはNYの新鋭バンド、ラヴ・エクスペリメントとブルーノート東京で共演。メンバーそれぞれがKing Gnuやmillennium parade、堀込泰行、iriとコラボレーションを行うなど活動領域を広げている。メンバーの活動範囲はIT、料理、コーヒー、アパレル、教育など広範囲に及び、書き切れないプロフィールはこちらをご覧いただきたい。

2020年4月に シングル『HEROISM』、6月に『Rollin’』を配信。7月にリリースした『EYES』はSFをモチーフにした壮大なコンセプト・アルバムで、8月に行われた3DCGライヴ配信も大きな話題を呼んだ。今回のブルーノート東京公演は好評のため早々に完売となり、追加公演も決まった。あわせて有料ライブ配信も行う。

※冒頭の写真: 井上 幹(ベース:左端)長塚健斗(ボーカル:中央左)、江﨑文武(キーボード:中央右)、荒田 洸(ドラムス:右端)

WONK – “EYES” Special 3DCG Live Teaser

WONK Inter FM – Studio Live

Esplanade, Singapore

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。