1/30 福盛進也 & 佐藤浩一 at 公園通りクラシックス

閲覧回数 11,088 回

lakka 福盛進也 x 佐藤浩一
公演通りクラシックス

2021年1月30日(土) 18:30 *時間変更
福盛進也 Shinya Fukumori: drums
佐藤浩一 Koichi Sato: piano

ECMから『For 2 Akis』(ECM2574)でデビューしたミュンヘン在住のドラマー福盛進也は、2020年12月に新レーベル「nagalu」を設立し、自身のアルバム『Another Story』をリリース。その中でもコアの一つとして重要な役割を担ってきたのがピアニストの佐藤浩一。
伊藤ゴロー、福盛進也、佐藤浩一のユニット「land & quiet」でも共同作業を行っているが、福盛は、「JAZZ TOKYO」の2019年6月1日、稲岡邦彌によるインタビューで、「僕は浩一くんを心の底から信頼しており、僕の中では最愛のピアニストです。浩一くんの素晴らしさは言葉にするとバカらしくなるので説明できないのですが、彼に出逢えたことはかけがえのないギフトです。」と語っている。
佐藤浩一は、バークリー音楽大学卒業後、アメリカでの活動を経て帰国し、叙情的な音楽性と作曲を魅力とし、多くのミュージシャンから信頼を得ており、挾間美帆の来日公演も佐藤が担っている。その二人の深く素晴らしいコラボレーションを聴ける貴重な機会となる。ぜひお勧めしたい。

Forget Me Not (Shinya Fukumori) – 佐藤浩一 & 福盛進也 公園通りクラシックス 2019年1月5日
Live at Koendori Classics in Tokyo, Japan on Jan 5, 2019

July 7th (Koichi Sato) – 佐藤浩一 & 福盛進也 公園通りクラシックス 2019年1月5日

land & quiet デビュー・アルバム『land & quiet』Teaser

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。