3/11 エンタメ4.0「みみをすます」#3
塩谷 哲、武本和大、渡辺克己〜鎌倉の海岸から

閲覧回数 2,265 回

エンタメ4.0「みみをすます」#3
塩谷 哲(ピアノ) 武本和大(ピアノ) 渡辺克己(朗読)

公演時間: 2021年3月11日(木)
昼公演:14:30-15:30(14:46 黙祷)
夜公演:20:00-21:00
公演場所: @zoom 3/10にアドレスを公開します
チケット: 無料(上限500名)

COVID-19下で多くのエンターテインメントはストップしたが、オンラインだからこその新しいエンターテイメントを生み出したいとの思いから渡辺克己を中心にスタートした「エンタメ4.0」。2020年4月からzoomを使った演劇公演を行い、8月からは、朗読×ピアノDUO即興演奏「みみをすます」を開始した。

「音にズレがある、音質がベストでないからと、時間を共有することを諦めてしまうのは、もったいない、、、、オンラインは、国境を超え、時間帯を超えられるという意味で、私はタイムマシンだと思っています。」

ZOOMでの即興パフォーマンス。音の時間的ずれも受け入れ楽しむ点も配信について考える上でも参考になる。

「みみをすます」第3回目は、東日本大震災10年目の3月11日に行い、 鎌倉の海辺から、東北の海に思いを馳せる。

「Soul / ソウルフル・ワールド」予告編 (声 渡辺克己)

Dorothea Wlliams Quartet: Jon Batiste (piano), Tia Fuller (sax), Linda May Han Oh (bass), Marcus Giilmore (drums)
「ソウルフル・ワールド」音楽の詳細「Music of Soul」

“塩谷哲 SATORU SHIONOYA TRIO” BLUE NOTE TOKYO Interview & Live Streaming 2020

武本和大 I Pray

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。