『高橋悠治 +ロジャー・ターナー/Live at Aoshima Hall』リリース

閲覧回数 15,089 回

イギリスのドラマー・パーカッショニストで即興演奏家のロジャー・ターナーは度々来日して日本国内の多彩なミュージシャンと共演してきた。2019年日本ツアーの中で白眉の出来だったと言われる静岡・青嶋ホールでの高橋悠治との即興演奏が『高橋悠治+ロジャー・ターナー/Live at Aoshima Hall』(imashizuoka, IMA-SZOK03)としてCD化された。このコンサートは「たちあがる音楽」と題して行われた。そのタイトル通り、ふたりの対話によって音楽が立ち上がってくる様が捉えられている。高橋悠治のCDは数多くリリースされているが、即興演奏を捉えたCDは僅かであり、そういう意味でも貴重な録音だ。ディスクユニオン等で取り扱っている。

【関連記事】

https://jazztokyo.org/column/reflection-of-music/post-24541/

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。