【時間変更】6/2 宮本貴奈『Wonderful World』at ブルーノート東京

閲覧回数 4,726 回

Text by Hideo Kanno 神野 秀雄

宮本貴奈 TAKANA MIYAMOTO『Wonderful World』ミュージック・ペンクラブ音楽賞 最優秀作品賞受賞記念 スペシャル・ライヴ

2021年6月2日(水) 18:00 20:30

2021年6月2日(水) 17:00 19:30
ブルーノート東京 Blue Note Tokyo

宮本貴奈 Takana Miyamoto(p,vo)
Pat Glynn パット・グリン(b)
菅野知明 Tomoaki Kanno(ds)
Guests: Guests:
佐藤竹善 Chikuzen Sato(vo)
小沼ようすけ Yosuke Onuma(g)
中川英二郎 Eijiro Nakagawa(tb)
中西俊博 Toshihiro Nakanishi(vn)

宮本貴奈は、茨城県結城市出身、アメリカとイギリスに20年在住。5才からエレクトーンを始め、14歳からピアノに転向、作曲を学び、高校卒業後バークリー音楽大学へ留学、映画音楽&ジャズ作曲学科を卒業。1998年からニューヨークを拠点に活動スタート、参加作が2001年グラミー賞2部門でノミネート、2008年にカーク・ウェイラムとの共作『Promises Made』が全米ビルボード・ジャズ・チャートの5位を獲得するなど存在感を示してきた。現在、国立音楽大学ジャズ専修講師も務める。


今回、7年ぶりのリリースとなったリーダー作『Wonderful World』は、宮本が敬愛するミュージシャンをゲストに迎えて完成させた一枚で、ヴォーカルも披露した。『Wonderful World』は、第33回ミュージック・ペンクラブ音楽賞で最優秀作品賞を受賞。ブルーノート東京では、佐藤竹善(vo)、小沼ようすけ(g)、中川英二郎(tb)、中西俊博(vn)をゲストに迎えて公演を行う。詳細はこちら

宮本貴奈からのメッセージ 『Wonderful World』発売記念&受賞記念ライブ@ブルーノート東京 2021年6月2日

Rainbow 宮本貴奈(p), Pat Glynn(b), 石若 駿(ds)

Moonlight Serenade 宮本貴奈(p), 井上陽介(b), 江藤良人(ds)

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。