[ライヴ/配信] 6/19-8/25 小曽根 真「OZONE 60 in Club〜From Ozone till Dawn」
世界に向け若い才能を紹介していくプロジェクトを始動

閲覧回数 3,700 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

ジャズとクラシックを超え世界でボーダーレスに活躍するピアニスト小曽根 真は、2021年3月25日に60歳を迎えた。これを記念して3月3日に2枚組ピアノソロアルバム『OZONE 60』をリリース、3月25日のサントリーホールより「OZONE 60」ツアーを開始し、1年間で47全都道府県で公演を行う予定だ。

今回、世界に向けて若い才能を紹介していく新しいプロジェクト「From Ozone to Dawn」を立ち上げ、ブルーノート東京、コットンクラブ、モーション・ブルー・ヨコハマを巡るクラブ・ツアーを行う。6月20日(日)にはブルーノート東京からネット配信(有料)も行われる。詳細は、小曽根からのメッセージ、特設ウェブサイトを参照されたい。

COVID-19下での活動の流れとして、2020年の自宅からの53日間のピアノソロ配信「Welcome to OurLiving Room」2020年6月のブルーノート東京公演の記事もご参照いただければ幸いだ。

小曽根真 “OZONE 60 in Club”
New Project “From OZONE till Dawn”

特設ウェブサイト
小曽根 真 公演直前インタビュー

6/19-20 ブルーノート東京
PartI. Duet with RIO
Special Guest: 片山士駿

2021年6月19日(土) 20日(日) 15:45 18:30 ブルーノート東京
※6月20日(日) 2ndのみ配信有り
詳細・予約はこちら

7/24-25 モーション・ブルー・ヨコハマ
Part II. ORGAN TRIO
featuring 山岸竜之介 & 小田桐和寛
Guest:中山拓海

2021年7月24日(土) 7月25日(日) モーション・ブルー・ヨコハマ
詳細・予約はこちら

8/13-14 ブルーノート東京
Part III. Makoto Ozone New Project Band
featuring “OKAZAKI BROTHERS”

2021年8月13日(金) 15日(土) ブルーノート東京
Member:岡崎好朗(tp), 岡崎正典(sax), 佐藤潤一(b), きたいくにと(ds), 中林俊也(sax)
詳細・予約はこちら

8/24-25 コットンクラブ
PartIV. “A Rose & The Beasts”
featuring 石川紅奈 & DENNIS FREHSE
Special Guest:曲輪大地
詳細・予約はこちら

“From OZONE till DAWN”
小曽根真からのメッセージ

なかなか夜明けが来ないこの世界。
いつまで続くか皆さんも不安の中で暮らしていらっしゃると思います。音楽を愛する皆さんがひとときジャズクラブという特別な空間で、ミュージシャンと作り上げる至福の時間。これは僕たちにとっても今を生き抜くためのエネルギーになっています。

しかし今、せっかく育ってきた次世代の素晴らしい才能を持ったミュージシャン達が皆さんと出逢う場所、皆さんに磨かれる時間を奪われています。僕自身、素晴らしいお客様の前で演奏することで今も成長させていただいています。Gary Burton, Dizzy Gillespie, Quincy Jones, Jon Hendricks, そして今年の2月に旅立ったChick Corea…多くのジャズのレジェンド達に教わり、助けられて小曽根真は今このステージに立たせてもらっています。

今年の夏、世界に向けて若い才能を紹介していくプロジェクトを立ち上げます。

まるでジャズクラブの営業時間のような “From Dusk till Dawn” (日没から夜明けまで)という言葉がありますが、このプロジェクトは美しい地球をとりまくオゾン層から昇ってくる光をイメージして命名しました。それに先駆けて、音楽の聖地を守り続けているここ、ブルーノート東京やコットンクラブ、そしてモーション・ブルー・ヨコハマでその音楽が産声をあげます。

創造のエネルギーに満ちあふれた未来のスター達のレアな才能が、皆さんの素晴らしい感性に出逢うことに僕は心からワクワクしています。そして今回は、僕がインスパイアされ続けている本物のJazz Artist、岡崎好朗、岡崎正典による「OKAZAKI Brothers」の二人と若い才能達との共演も実現します。今までに見たことのないケミストリーを実感していただけると信じています。

夜が明けた時、荒涼とした世界ではなく、皆さんが育んだ音楽があふれた世界でありますように。

小曽根 真

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。