[TV] 7/6 小曽根 真 × 富士山 ピアノソロ

閲覧回数 11,656 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

「小曽根 真 × 富士山」
2021年7月6日(火) 05:00-05:55 NHK-BSP 「クラシック倶楽部」

ジャズとクラシックを越えボーダーレスに世界で活躍するピアニスト小曽根 真が、移ろいゆく富士山と空を背景に、クラシックと小曽根のオリジナルをピアノソロで演奏する。まずは曲名を見ないで先入観なしで見られることをお勧めしたい。
2019年2月4日に富士急ハイランドにあるハイランドリゾートで収録され、当初2日間で収録の予定が、順調で1日で終了、翌2月5日には曇りで富士山が見えなくなっていたという。2019年3月26日に放映されて以来、好評につき何度も放映されている。

COVID-19感染拡大の期間にあって、小曽根は「Welcome to Our Living Room」として、神野三鈴とのプロデュースで、2020年4月9日から毎晩、自宅からピアノソロ配信を行い、53夜目に東急文化村オーチャードホールからのサプライズ生中継をもって終了した。6月20日〜21日、ブルーノート東京での「小曽根真“Solo” & “with friends”」からライブ活動を再開し、アクティヴに音楽活動を続けてきた。

そして、2021年3月25日には60歳を迎え、これを記念して3月3日に2枚組ピアノソロアルバム『OZONE 60』をリリース、3月25日のサントリーホールより「OZONE 60」ツアーを開始し、1年間で47全都道府県で公演を行う予定だ。さらに、世界に向けて若い才能を紹介していく新しいプロジェクト「From Ozone to Dawn」を立ち上げ、ブルーノート東京、コットンクラブ、モーション・ブルー・ヨコハマを巡るクラブ・ツアーを行う。また、2021年にオーケストラとの共演としては、ラフマニノフ<ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調作品18>に挑み、7月1日アラン・ギルバート指揮 東京都交響楽団と、7月10日尾高忠明指揮 札幌交響楽団と演奏する。

<演奏予定曲目>
フレデリック・ショパン: マズルカ 第13番 イ短調 作品17第4 (小曽根 真 編曲)
Frederic Chopin: Mazurka No.13 a-moll Op.17-4 (Arr. Makoto Ozone)
ドメニコ・スカルラッティ:ソナタ ホ長調 K.20 L.375 (小曽根 真 編曲)
Domenico Scarlatti: Sonata E Dur K.20 L.375 (Arr. Makoto Ozone)
J. S. バッハ: シンフォニア第7番 BWV793 (小曽根 真 編曲)
J. S. Bach: Sinfonia Nr.7 e-moll BWV 793 (Arr. Makoto Ozone)
モーリス・ラヴェル:組曲「クープランの墓」から前奏曲 (小曽根 真 編曲)
Maurice Ravel: Le Tombeau de Couperin (Arr. Makoto Ozone)

小曽根 真 Makoto Ozone:
No Siesta
My Witch’s Blue
Mirror Circle
Asian Dream

2019年2月4日、ハイランドリゾート ホテル&スパグランドバンケット「富士」(山梨県富士吉田市)で収録。

ショパン<マズルカ 第13番 イ短調>は、『Road to Chopin』(Verve / ユニバーサル)に収録。スカッラッティ<ソナタ>と、ラヴェル<クープランの墓>は、『Gary Burton & Makoto Ozone / Virtuosi』(Concord / ユニバーサル、2002年) に収録され、2002年グラミー賞のクラシック・クロスオーバー部門にノミネートされた。上記の3曲とオリジナル<Asian Dream>の楽譜は、「小曽根 真 “TIME” ORIGINAL & CLASSICS BEST」(全3巻、ヤマハミュージックメディア)として出版されている(放送での演奏とは異なる)。

後半は小曽根のオリジナルから、最近のアルバム『Dimmensions』から<Mirror Circle>と『My Witch’s Blue』(以上、Verve / ユニバーサル)からタイトル曲、さまざまなヴァージョンで長く演奏して来た<No Siesta>と<Asian Dream>、小曽根のオリジナルの魅力を網羅したプログラムを太陽の動きによる富士山の表情の絶妙な変化に合わせて奏でていく。

<これまでの放送の記録>
2019年3月26日(金) 05:00-05:55 NHK-BSP 「クラシック倶楽部」
2019年6月9日(日) 21:00-21:55 NHK Eテレ 「クラシック音楽館」
2019年8月12日(月) 05:00-05:55 NHK-BSP 「クラシック倶楽部」
2020年7月17日(金) 05:00-05:55 NHK-BSP 「クラシック倶楽部」
※2019年のニュース記事はこちら

小曽根 真 <Gotta be Happy>
「OZONE 60 Classic × Jazz」 2021年3月25日〜60歳誕生日 東京・サントリーホール 

【参考】 Singapore Symphony Orchestra: Conversation with the Artist – Makoto Ozone
00:55 Bienvenidos Al Mundo (Makoto Ozone)
20:53 Le Tombeau de Couperin (Maurice Ravel)
40:27 Asian Dream (Makoto Ozone)

小曽根 真 THE TRIO / Mirror Circle

Gary Burton & Makoto Ozone Live at Montreux Jazz Festival 2002
Ravel: Le Tombeau de Couperin

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。