[Book/CD] Chihiro Sings 『月くじらのフォークロア』

閲覧回数 7,960 回

シンガー・朗読家・ペインターとして活動するChihiro Singsによる初の音楽劇絵本『月くじらのフォークロア』(CD付き絵本)が2021年5月12日に発売された。作と絵がChihiro Singsによるだけではなく、歌と朗読を仲間たちと録音したCDが付いている。録音メンバーは、Chihiro Sings(歌、朗読)、佐藤浩一(p)、鈴木直人(g)、三井大生(vn)、上野 洋(fl)。好評のため初版を早期に完売し第2版を販売中だ。

Chihiro Sings 『月くじらのフォークロア』
三恵社 2021年5月12日
ISBN:978-4-86693-432-7
Chihiro Sings Official Shop

詳細とCD試聴はこちら

以下、Chihiro Sings ウェブサイトより引用する

【ストーリー】
世界最大の生物であるくじらが宇宙を泳いでいたら?
「風も雨もない、朝も夜もない」真っ暗な宇宙空間を泳ぎ続ける月くじら。目指しているのはお月様。
不安な気持ちを胸に抱きながら、ひとりぼっちで旅をする月くじらの目の前に次々と現れるのは、ムキになって喧嘩をしている岩や、楽しそうに歌をうたう宇宙飛行士たち。でも月くじらの目的など、彼らは知る術もありません。そんな時、一際輝く星が月くじらに優しく話しかけます。
あらゆるドラマが繰り広げられる広大な宇宙の中で、月くじらは果たしてお月様に辿りつくことができるのか・・・

【音楽】
「いつか自分の物語を、いつか音楽のある絵本を作ってみたい」
そんな想いを掲げながら幾度もの公演を経て、2021年満を持してメンバーとともにスタジオに入る。録音は2021年1月22日、そして1月31日の2日間に渡って行われた。レコーディングエンジニアは、プロジェクトメンバーの一員でもある、フルート奏者の上野 洋。録音は基本的に(上野を除く)メンバー全員での一発録り。今までライヴを重ねてきたからこそ成立する音のコミュニケーション、イメージの共有、そして新たなアレンジの創出。そうして生まれたあたたかく豊かな演奏は、非現実的なファンタジーに包まれ、聞き手を煌びやかな宇宙空間へと誘う。

Chihiro Sings: 作詞、作曲、朗読、歌
佐藤浩一: ピアノ、モーグアナログシンセサイザー
鈴木直人: エレクトリックギター、アコースティックギター
三井大生: ヴァイオリン
上野 洋: フルート
録音・ミキシング・マスタリング:上野 洋
2021年1月22日、31日 パストラルサウンドにて録音

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。