9/16~19 「JAZZ ART せんがわ」開催

閲覧回数 4,505 回

第14回「JAZZ ART せんがわ」が9月16日から19日にかけて開催される。コロナ禍ではあるが、万全な感染対策を行った上で来場者数を絞って有観客で行われる。また「CLUB JAZZ 屏風」を除く全ステージは収録され、後日配信を行う予定だ。配信の詳細は「JAZZ ART 実行委員会」公式Twitter・公式Facebookにて発表される。

初日は「JAZZ ART せんがわ」と縁の深いトランペッター沖至を追悼するステージ、そして灰野敬二と雅楽の演奏家との異色のコラボレーション。2日目はライヴ・ペインティングにフォーカスを当て、Alive Paintingの中山晃子と坂本弘道率いる弦楽トリオとの共演、『レッド』などの作品で高く評価されるマンガ家・山本直樹率いる仙川ペインティング・チームと大友良英との共演が予定されている。3日目は「John Zorn’s Cobra 東京作戦 坂口光央部隊」、「John Zorn’s Cobra」は3年ぶりの登場でプロンプターは巻上公一。4日目は「JAZZ ART せんがわ」に初出演の渋谷毅によるトークをまじえた無料コンサート、そして最終ステージは藤原清登による坂田明を中心とした特別結成の四重奏というラインナップだ。

フェスティバルの顔ともなっている「CLUB JAZZ 屏風」は、今年はコロナ禍の現状を勘案し、閉め切った屏風の中にミュージシャンがひとりで入り、漏れ聞こえてくる音や演奏するシルエットを外から楽しむという方式で実施される。屋外でも実施されるか、劇場ロビーのみでの開催となるかは感染拡大の状況次第だという。

チケット販売:https://t.co/jtF53MXMDM?amp=1
劇場公演は無料公演も含めて全ステージ予約制、空席があれば当日まで予約可能。最大定員48名(せんかがわ劇場の本来の収容人数は121名)のため、早めの予約を。
公式Twitter: https://twitter.com/jazzartsengawa
公式Facebook: https://www.facebook.com/newjazzartsengawa

プログラム詳細

9月16日(木)

【無料公演】16 :20-16 :50「激流ではなく、さざ波のありようで」
巻上公一(voice, tp)、高岡大祐(tuba)

【有料公演】18 :30-19 :50「灰野敬二の世界」
灰野敬二(voice, perc, etc.)ソロ・雅楽とのコラボレーション
雅楽section:石川高(笙)、中村かほる(楽琵琶) 中村仁美(篳篥) 中村香奈子(龍笛)

9月17日(金) 

【無料公演】14 :00-14 :45「ライブペインティングの日」その1
中山晃子(Alive Painting)
音楽:太田惠資(vln)、不破大輔(b)、坂本弘道(vc)

【有料公演】18 :30-19 :50「ライブペインティングの日」その2
仙川ペインティングチーム:山本直樹(painting)、池田敏彦(painting)、鄒娜(painting)
音楽:大友良英(g)

9月18日(土)

【有料公演】18 :30-19 :50「John Zorn’s Cobra 東京作戦 坂口光央部隊」坪口昌恭(p)、山本達久(dr)、かわいしのぶ(b)、飛田雅弘(g)、野本直輝(syn)、秋元修(dr)、松丸契(sax)、okachiho(computer)、松村拓海(fl)、田上碧(vo)、坂口光央(syn、オーガナイザー)
巻上公一(プロンプター)

9月19日(日)

【無料公演】11 :00-11 :45「ジャズピアニスト 渋谷毅が語り、弾く」
渋谷毅(p,お話)、池上比沙之(聞き手)

【有料公演】14 :00-15 :00「四重奏団特別演奏会」
坂田明(sax)、坪口昌恭(p)、坂田学(dr)、藤原清登(b)

「CLUB JAZZ 屏風」
キュレーション:長峰麻貴、大隅健司
9月18日(土)・19日(日) 調布市せんがわ劇場ロビーほか(正式な時間・場所は公式Twitter・公式Facebookで直前に発表します)

18日:柳家小春(三味線)、西井夕紀子(accordion)池澤龍作(ds)、吉田隆一(b.sax, fl)、四家卯大(vc)

19日:池澤龍作(ds)、吉田隆一(b.sax, fl)、高岡大祐(tuba)、落合康介(b)、四家卯大(vc)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。