岡島豊樹著『東欧ジャズ・レコード旅のしおり』刊行

閲覧回数 5,637 回

ロシア・東欧のジャズにおける第一人者、岡島豊樹が『ソ連メロディヤ・ジャズ盤の宇宙』(カンパニー社)に続き、『東欧ジャズ・レコード旅のしおり』をカンパニー社から刊行した。

東欧6ヶ国ポーランド、チェコスロヴァキア、ハンガリー、ユーゴスラヴィア、ルーマニア、ブルガリアを巡るジャズ・ツアーは簡潔にまとめられた各国のジャズ史ガイドと音盤紹介で構成されている。東西冷戦下、鉄のカーテンの向こう側でのジャズ状況も含め、各国それぞれのジャズ受容を知る貴重な資料でもある。

岡島豊樹は、9月11日の大友良英の「ジャズ・トゥナイ ト」にも出演。この日の特集では旧ソ連時代のジャズを紹介した。9月19日まで「聴きのがし再生」可能。

JAZZ TONIGHT
ユーロジャズの極北、ロシア・ジャズ入門編
聴きのがし再生 9月19日午前1:00 配信終了

CD / LP も扱っているカンパニー社のオンラインショップp.minor、アマゾン他で購入できる。
http://p-minor.com

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。