[TV/FM] アンドラーシュ・シフ 10/6-7 ザルツブルグ音楽祭 シューベルト&ヤナーチェク
10/8 デンマーク放送ホール ハイドン、ベートーヴェン&シューベルト

閲覧回数 2,953 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

ザルツブルク音楽祭 2020 「アンドラーシュ・シフ・リサイタル2」
Solistenkonzert András Schiff 2, Salzburger Festspiele 2020

(2020年8月25日 20:00-21:40CEST, Haus für Mozart モーツァルト劇場)
前編 2021年10月6日(水) 05:00〜55 NHK-BSP
後編 2021年10月7日(木) 05:00〜55 NHK-BSP

1953年、ハンガリーのブダペスト出身、卓越した技術と豊かな音楽性を兼ね備え、ECM New Seriesに多くの名盤を送り出しているピアニスト、サー・アンドラーシュ・シフ。COVID-19感染拡大が深刻化し、多くのコンサートが中止/延期となっていた2020年3月まで、感染予防に配慮しながら来日コンサートツアーを敢行した(未知の困難の中で実現されたアンドラーシュ、塩川悠子、KAJIMOTOなどの関係者に深く感謝したい)。COVID-19下で開催された「ザルツブルク音楽祭 2020」から、2020年8月25日モーツァルト劇場で、フランツ・シューベルト(1797-1828)と、チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェク(1854-1928)の作品に取り組んだ約2時間に及ぶリサイタルを放送する。(コンサートのウェブページ: ドイツ語 英語)

【前編】 2021年10月6日(水) 05:00〜55 NHK-BSP
シューベルト: 4つの即興曲 D.935
Franz Schubert: Vier Impromptus D 935
ヤナーチェク: 霧の中
Leoš Janáček: V mlhách

【後編】 2021年10月7日(木) 05:00〜55 NHK-BSP
ヤナーチェク:1905年10月1日
Leoš Janáček: 1. X. 1905
シューベルト:ピアノ・ソナタ ハ長調 D.840
Franz Schubert: Sonate für Klavier C-Dur D.840 — “Reliquie“
シューベルト:4つの即興曲 D.899から 第3番 変ト長調
Vier Impromptus D899. III. Ges-Dur Andante
シューベルト:楽興の時 D.780から 第3番 ヘ短調
Franz Schubert: Moments Musicaux D.780. III. F-moll Allegro moderato.
ヤナーチェク:「草が茂る小道を通って」から おやすみ
Leoš Janáček: Po zarostlém chodníčku – Dobrou noc!

アンドラーシュ・シフが、2020年10月11日、コペンハーゲンのデンマーク放送コンサート・ホールで行ったリサイタルの模様も放送される。
コンサートプログラム(PDF)

ベスト・オブ・クラシック
「アンドラーシュ・シフ・ソロ・リサイタル」
Sir András Schiff Solo Recital, DR Koncert Huset (2020)

2021年10月8日(金) 19:30~21:10 NHK-FM

ハイドン: ピアノ・ソナタ ト短調 Hob.ⅩⅥ:44
Joseph Haydn: Sonate nr. 32, g-mol, Hob.XVI:44
ベートーベン: ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 作品53 「ワルトシュタイン」
Ludwig van Beethoven: Sonate nr. 21, C-dur, opus 53 ‘Waldstein’
シューベルト: ピアノ・ソナタ 変ロ長調 D.960
Franz Schubert: Sonate, B-dur, D 960
シューベルト: 4つの即興曲 作品90 から 第3番 変ト長調
Vier Impromptus D899. Op.90 III. Ges-Dur Andante

2020年10月11日 コペンハーゲン デンマーク放送コンサート・ホールで収録

Message from SIR ANDRÁS SCHIFF TALK GUEST : YUUKO SHIOKAWA” organized by KAJIMOTO 2020.3.14

Sir András Schiff – Live at Wigmore Hall. August, 2020

Sir András Schiff Speaks on The Music of Franz Schubert | ECM Records

András Schiff speaks about Franz Schubert’s Impromptus | ECM Records

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。