11/13(土)Burning Spirits Ⅱ―And the music continues to evolve vol.5
即興演奏とダンス、朗読

閲覧回数 2,794 回

11月13日(土)18時30分開場 19時開演
西荻窪・音や金時(杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1)
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
2500円+1drink
要予約 / メール nodabunko@yahoo.co.jp

岩崎一恵(ダンス)
植川縁(sax、スリン)
溝辺隼巳(bass)
松本ちはや(perc)
市毛友里(朗読)

岩崎一恵 kazue iwasaki (dance)
演劇、ジャズダンスからコンタクトインプロヴィゼーション、作品創作へダンスの細道 脇道 獣道。2010年よりダンスカンパニーノマド~sの企画・作品に参加。趣味は読書。
Q.あなたのダンスは「何」ですか?
A.ウソトマコトノハザマ。

植川縁 yukari uekawa (as,ss,suling)
現代音楽に精通し、大原裕子、小出稚子、クロード・ルドゥ、清水一徹、近江典彦各氏等の初演を行っている。インドネシアでガムランと競演。マリンバ奏者 高口かれんとDuo Printemps (デュオプランタン)を結成、1st CD 『Sakura』リリース。日本音楽即興学会会員。
Q.あなたの音楽は『何』ですか?
A.鼓動です。耳をすませばそこにあるもの。

溝辺隼巳 hayami mizobe (bass)
1989年、広島県広島市出身。コントラバスを早川岳晴氏に師事。現在は鈴木伸明トリオ、ババカヲルコ、Juzu、太陽肛門スパパーンのライブやレコーディングに参加する傍ら、リーダーバンド「うろんろん」「とうきょうたわん」で自作曲を演奏。即興音楽のセッションにも多数参加。ヘンテコで美しい音楽が好き。
A.楽しい友達。常に一緒にいるけど、たまに距離を置きたくなる。

松本ちはや chihaya matsumoto (percussion)
パーカッショニスト。147cm。B型。音の世界では誰もが等しく平等であることを意識し、一緒に音を出す共演者、そしてその場に居合わせた全員と、音の世界での瞬間のコミュニケーションを大切に音楽を紡ぎ出す。
A.自分が一番自分らしく、嘘偽りなく、素直に正直に居られる場所。

市毛友里 yuuri ichige (朗読)
竹内敏晴にからだとことばでの表現を、巻上公一にボイスパフォーマンスを学ぶ。2013年頃より詩の朗読をはじめる。
Q.あなたの朗読は『何』ですか?
A.わたしの朗読は・・・、わたしをすりぬけて、ことばとことば以外のものでできあがっていきます。

vol.4の動画

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。