12/6 「音樂多面體」佐藤允彦、大友良英、内橋和久、新倉壮朗@ ゲーテ・インスティトゥート東京

閲覧回数 6,800 回

芸術や文化、表現活動を通じてインクルージョンとダイバーシティを促進する団体「ART FOR ALL JAPAN」が、「アートとインクルージョンと多様性の世界の祭典(International Festival for Arts Inclusion and Diversity・IFAID)」というプロジェクトを進めている。今後、シンポジウムや作品展示、音楽のコンサート、ワークショップなどを行なっていくという。その一環として、12月6日には豪華メンバーによる「音樂多面體」と題したライヴ・イベントがゲーテ・インスティトゥート東京で開催。佐藤允彦、大友良英、内橋和久らジャズ/即興音楽シーンの第一線で活躍する腕利きのミュージシャンに加え、ダウン症の打楽器奏者・新倉壮朗をゲストに迎え、一夜限りのセッションを披露する。コンサートの模様は後日配信されるようだが、会場で直接浴びるサウンドはアーカイヴし得ない体験となることだろう。

出演:佐藤允彦(ピアノ)
大友良英(ギター)
内橋和久(ギター、ダクソフォン)
ゲスト:新倉壮朗(ジャンベ)

日時:2021年12月6日(月)開場18:00/開演19:00
会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール(107-0052 東京都港区赤坂7-5-56ドイツ文化会館内)
料金:前売り/予約4500円、当日5000円
主催:アートはみんなのもの Art For All Japan
URL:http://live.artforalljapan.org
MAIL:afa@afaartforalljapan-org
会場協力:ドイツ文化センター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。