小川隆夫著「マイルス・デイヴィス大事典」刊行

閲覧回数 15,690 回

生誕95年、没後30年 (2021年) を期してマイルス・デイヴィスの大事典が刊行された。“ジャズ界の帝王”の異名にふさわしくマイルスに関する書籍は自伝を含め内外で多数刊行されてきたがマイルスの活動歴を網羅した「大事典」は初めて。著者は、マイルスと個人的な関りを持ち、すでにマイルスに関する著書を上梓しているジャズ・ライターの小川隆夫。
A5版840ページの大部の「大事典」(厚さ約5cm)は、以下の3章から成る;

第1章 ディスク・ガイド
パート1. オリジナル・アルバム
パート2  コンプリート・ボックス、コンピーレーション盤
パート3  シングル盤、EP盤、12インチ・シングル盤、プロモーション盤
補遺 発売予定アルバム、その他
第2章 演奏楽曲事典
第3章 関連人物事典
第1章のディスクガイドでは、発売予定(執筆時点)を含めて365点を年代順に詳述(ブートレグを除く)、第2章の演奏楽曲は英語表記でアルファベット順に、第3章の関連人物事典はカタカナ表記でファースト・ネームがアイウエオ順に配列されている。
2022年1月の初版を象徴するようにアルバムごとにspotifyとyouyubeのQRコードが添付されているのも親切。
事典やカタログの場合、索引の精度が命だが、基本的に英語表記で作品名と人物名のみ日本語併記となっている。
表紙イラストは藤岡宇央の書き下ろし。発行元はシンコーミュージック・エンタテイメント。定価5000円+税。
https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0651189/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。