5/13 オデッド・ツールのECM第2作『イザベラ』リリース

閲覧回数 14,727 回

ニューヨークを拠点に活躍するオランダ生まれのイスラエル育ちのサックス奏者オデッド・ツールの新作『Isabela』(ECM2739) が 5月13日リリースされた。2020年の ECMデビュー・アルバム『Here Be Dragon』(ECM2676) に続く第2作。
ECMのリリースを要約すると;
ニューヨークを拠点とするサックス奏者、オデッド・ツールのこのECMからの2作目のリリースでは、彼の独特のヴォイスに、より高い緊迫感と概念的に増強されたアプローチを導入し、ひとつの基本的な音楽的アイディアを一連の精巧で情熱的なデザインを通して紡がれている。
カルテットのラインナップは2020年の『Here Be Dragons』から変わっておらず、その間にグループの相互作用はさらに表現力を増している。『Isabela』を通して、オデッドと彼のコラボレーターであるピアニストのNitai Hershkovits、ベースのPetros Klampanis、リズムの魔術師 Johnathan Blakeは、より激しい空間で彼らの繊細な言い回しを適用し、静かな瞑想と力強い絶叫の組曲のような流れでオデッドの自己流ラーガのニュアンスと色合いを探求している。
録音は2021年9月、スイス・ルガーノのAuditorio Stelio Moloで、プロデューサーはマンフレート・アイヒャー。
新作のリリースを記念して、今週のスペシャル・オファーでは、オデッド・ツァーの前作ECMアルバムとサックス音源を取り上げている。カルテットは5月後半、フランスに始まる2週間にわたるヨーロッパ・ツアーを予定している。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。