[配信] 10/22「Tokyo Jazz 2022 Neo-Symphonic! CINEMA JAZZ」
挾間美帆、中村佳穂、黒田卓也、江﨑文武、中林薫平、石若駿

閲覧回数 5,474 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

「TOKYO JAZZ 2022 NEO-SYMPHONIC!CINEMA JAZZ」
2022年10月22日(土)20:00から全世界無料配信

【視聴はこちらから】
TOKYO JAZZ 公式ウェブサイト
TOKYO JAZZ公式 YouTubeチャンネル

プロデュース・指揮:挾間美帆
東京フィルハーモニー交響楽団
featuring: 黒田卓也(tp) 江﨑文武(p) 中林薫平(b) 石若駿(ds)
special guest: 中村佳穂 (vo)
収録:2022年8月19日(金) 東京芸術劇場 コンサートホール

ニューヨークを拠点に世界で活躍する”ジャズ作曲家”挾間美帆がプロデュースしてきた「Neo-Symphonic Jazz at 芸劇」。2022年は「TOKYO JAZZ」が看板に加わり、「映画音楽」をテーマとしたプログラム。挾間指揮の東京フィルハーモニー交響楽団に、ゲストミュージシャンに中村佳穂、黒田卓也、江﨑文武、中林薫平、石若駿を迎え、オーケストラの重厚なアンサンブルの中で、白熱の演奏を披露した。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』、『海の上のピアニスト』、『エヴァンゲリオン』、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』そして中村佳穂が主演した『竜とそばかすの姫』など。また、ゲストミュージシャンが選曲した思い入れのある名曲にも注目したい。このコンサートの模様を10月22日(土)20時からYouTubeで配信する。リアルタイム配信のみで、アーカイヴはないので、お見逃しないようにされたい。

挾間美帆からのメッセージ

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。