JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 27,569 回

Local(国内)News

[TV] 3/11-12 巨匠・小曽根真から未来の巨匠・藤田真央へのメッセージ
題名のない音楽会 2800回記念(3)

題名のない音楽会 放送2800回記念(3)
「巨匠・小曽根真から未来の巨匠・藤田真央への伝達(メッセージ)」

2023年3月11日(土) 10:00- テレビ朝日
2023年3月12(日) 08:00- BS朝日

長寿番組の記録を更新し続けるテレビ朝日系のクラシック番組「題名のない音楽会」が放送2800回を迎える。
1964年8月に黛 敏郎を司会に「ゴールデン・ポップス・コンサート」(題名のない音楽会)放送開始。10月出光興産が提供開始。1966年4月に東京12チャンネルより、日本教育テレビ(現 テレビ朝日)に放送局が変更され、タイトルが「題名のない音楽会」となった。番組の歴史はこちら

放送2800回記念して4週連続で「巨匠からの伝達(メッセージ)」をテーマに放映している。第3週はクラシック界の若きスター・ピアニスト藤田真央が、敬愛する世界的ジャズ・ピアニスト小曽根真と共演する。なお、藤田真央がベルリンの音楽大学で師事しているキリル・ゲルシュタインは、バークリー音楽大学に最年少入学を果たし、ゲイリー・バートンの弟子なので、藤田はゲイリーの孫弟子となる。藤田は、2019年、チャイコフスキー国際コンクールで第2位を受賞。2023年、カーネギーホールでの初リサイタルを成功させた。

司会:石丸幹二、武内絵美
出演・演奏:小曽根 真、藤田真央

放送予定曲
1. W.A.モーツァルト「ピアノ・ソナタ第15番」より
(編曲: E.グリーグ)
ピアノ: 小曽根真、藤田真央

2. S.ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」第3楽章より
(編曲: 小曽根真、藤田真央)
ピアノ: 小曽根真、藤田真央

3. 小曽根真「オベレク」

Mao Fujita – Mozart – Piano Sonata No. 12 in F Major, K. 332/II. Adagio

This is Mao Fujita (Sony Classic)

Gershwin: Rhapsody in Blue | Makoto Ozone | Silvesterkonzert 2021 | NDR Elbphilharmonie Orchester

Kirill Gerstein invites Gary Burton: “Improvisation in Jazz”

Blame It On My Youth – Kirill Gerstein and Gary Burton, The Gershwin Moment (2018)

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください