JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 24,207 回

international(海外)News

9/1-4 デトロイト・ジャズ・フェスティヴァル 2023〜カリーム・リギンス、KHAMSIN

Text & Photo by Hideo Kanno 神野秀雄

Detroit Jazz Festival 2023
2023年9月1日(金)〜4日(月) ハート・プラザ&キャデラック・スクエア
September 1 (Fri) – 4 (Mon), 2023
Hart Plaza & Cadillac Square, Detroit, Michigan, USA

五大湖地方のヒューローン湖とエリー湖の間に位置し、自動車産業とモータウンで知られるミシガン州の大都市デトロイト。毎年9月第一月曜日のレイバーデイ・ウィークエンドに4日間にわたって開催される「デトロイト・ジャズ・フェスティヴァル」は世界最大の”無料”ジャズフェスティヴァルだ。2022年のレポートをこちらからご覧いただきたい。

2023年のArtist-in-Residenceには、カリーム・リギンスを迎える。カリームは1975年デトロイト生まれ。ジャズ・ドラマーとして数々のレジェンドと共演しながら、故J.ディラのスピリットを受け継ぐヒップホップ・プロデューサーとしてふたつの音楽シーンに関わってきた。ドラマーとしてレイ・ブラウン、ハービー・ハンコック、ドナルド・バード、ポール・マッカートニー、コモン、ダイアナ・クラール、スティーヴ・レイシーまで幅広く共演し、プロデューサーとしてコモン、エリカ・バドゥ、スラム・ヴィレッジ、カニエ・ウエストらに関わって来た。リズム&ドラム・マガジンでのインタビューを参照されたい。

フェスティヴァルの広範囲にわたる2023年プログラムが公表されている。PDF版はこちら

デトロイト・ジャズ・フェスティヴァルは、日本のジャズ・フェスティヴァルとの連携を続けていて、その企画にはJAZZ TOKYOでもお馴染みのジャズ・フォトグラファー/ジャーナリストの常盤武彦が大きな役割を果たしている。2023年からは高槻ジャズ・ストリートとの連携が始まり、今年はKHAMSINがデトロイトに出演する。メンバーは、古谷光広 (sax)、清野拓巳(g)、柳原由佳(p, keyb)、白石宣政(b)、松田”GORI”広士(ds)。2020年、神戸Born Freeでのライヴレポートはこちら。

August Greene (Common, Robert Glasper, Karriem Riggins): NPR Music Tiny Desk Concert

What’s coming to the 2023 Detroit Jazz Festival (デトロイトのTV 4ch Newsより)

KHAMSIN – 高槻ジャズストリート 2019年5月3日

【2022年の動画より】
Cécile McLorin Salvant
JP Morgan Chase Main Stage, September 4, Monday

Cécile McLorin Salvant(vo), 中村恭士(b), 小川慶太(perc), Sullivan Fortner(p), Alexa Tarantino(fl), …(g)

Day 4 – September 5, Monday, 2022
JP Morgan Chase Main Stage

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください