JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 23,399 回

Local(国内)News

10/20 <sonora do silêncio> 沢田穣治、柳原由佳、太田剣
the first contact at 池袋Apple Jump

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

【sonora do silêncio】
the first contact at 池袋 Apple Jump
2023年10月20日(金) 19:30

沢田穣治 Jyoji Sawada: contrabass
柳原由佳 Yuka Yanagihara: piano
太田 剣 Ken Ota: sax
公演の詳細と予約はこちら
03-5950-0689 東京都豊島区西池袋3-33-17 東武西池袋サンライトマンションB1 (池袋駅 徒歩5分)

沢田穣治、太田 剣、柳原由佳によるユニット<sonora do silêncio>が10月20日、池袋Apple Jumpで始動する。

お互いをリスペクトしながら、まだ出会っていない音楽家3人が当日初めて集い、”沈黙の音 sonora do silêncio”を探す旅に出る。the first contact が生み出す奇跡を目撃する貴重な機会。

ショーロクラブの活動で知られるが、映画、アニメ、舞台、エクスペリメンタル作品、アルバムプロデュース、バシェ音響彫刻まで広範囲に取り組み、京都を拠点に自己のレーベル「Unknown Silence」を主宰し多様な音楽を発信し続ける鬼才 沢田穣治

サックスを中心に歌心溢れるプレイで数多くのミュージシャンと内外でコラボし、自身のレーベル「SCRAMASAX RECORDS」から、和泉宏隆とのカルテット、k.a.t.、TETE-A-TETEなどをリリースする太田 剣

バークリー音楽大学に学び、東京と関西の2拠点で自身のトリオを含むさまざまなユニットで活躍。4月にはフランス公演を成功させ、9月にはデトロイト・ジャズ・フェスティヴァルにKHAMSINで出演し、500人以上を集めスタンディングオベーションとなる爽やかな快演を魅せた柳原由佳

また、昨今の音楽流通および業界の変化の中にあっても、コンスタントにさまざまなプロジェクトのアルバムを続々と出しているというのも、この3人共通の特徴であり、サウンドを創り、パッケージメディアを創り、その中で最大限の自由度を求めていく。海外での演奏や制作の機会が多いのも共通だ。

3人とも、キース・ジャレットをはじめ、ECM Recordsへの深いリスペクトを共有しながら、既視感と国境のない音楽を求める。「Jazz Tokyo」300号記念特集『ECM: 私の1枚』における3人の寄稿文を、それぞれの音楽の世界観を表現するものとして読み比べてみることをお勧めしたい。その他にも寄稿記事や紹介記事もあるので探してみて欲しい。

この3人の「the first contact」は、10月20日(金)池袋・Apple Jumpの一度切りとなるが、出会う前にも関わらず期待が高まりすぎて、「the second contact」もすでに企画されている。

the second contact
2023年12月15日(金) 19:30
渋谷・公園通りクラシックス

03−6310-8871 東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F (渋谷駅 徒歩5分)
公演の詳細と予約はこちら

伝説のハコ「渋谷ジャンジャン」のバックルームにもあたり、アコースティックな響きの良さで圧倒的な支持を受ける「公園通りクラシックス」の演奏で迎える年末も楽しみだ。

バシェ音響彫刻 「Ensemble Sonora」 Wind blows from west to east 2
Ensemble Sonora: 沢田穣治、岡田加津子、渡辺 亮。
おおたか静流 sizzle ohtaka (voice)、yoshitake EXPE (ambient guitar)

Magnolia Live at 京都RAG
「春、青空」(柳原由佳)

柳原由佳(p)、山本玲子(vib)、相川 瞳(perc) ※アルバムレビューはこちら

Two by the Pond / 太田 剣 with 和泉宏隆
太田 剣(ss)、和泉宏隆(p)、西嶋 徹(b)、河村 亮(ds) ※太田剣「和泉宏隆さんの隣にいた日々」

Choro Club 「Musica bonita」
秋岡 欧 (bandorin) 笹子重治(g) 沢田穣治(b)

—————
特集『ECM: 私の1枚』
沢田穣治『Gary Peacock / Tales of Another』
太田 剣『Jan Garbarek / In Praise of Dreams』
柳原由佳『Keith Jarrett / The Melody At Night, With You』

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください