JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 63,637 回

international(海外)News

[配信] 11/11 小曽根真 & WDRビッグバンド
スティーヴ・ガッド・バンド at レーヴァークーゼナー・ジャズターゲ

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

Leverkusener Jazztage 2023
レーヴァークーゼナー・ジャズターゲ 2023

WDR Big Band & Makoto Ozone “The Big Band World of Makoto Ozone”
Steve Gadd Band
WDRビッグバンド&小曽根真「小曽根真 ビッグバンドの世界」
スティーヴ・ガッド・バンド
2023年11月10日(金) 20:00〜 ヨーロッパ中央時間(CET)
2023年11月11日(土) 04:00〜 日本時間(JST)

アーカイヴ配信を以下の画面よりご覧いただきたい(生配信終了後、配信リンクを修正対応した)。

WDR Big Band & Makoto Ozone “The Big Band World of Makoto Ozone”

Steve Gadd Band

WDRビッグバンド小曽根真が、ドイツのジャズフェスティヴァル「レーヴァークーゼン・ジャズターゲ」で初共演。別途出演したスティーヴ・ガッド・バンドの演奏と合わせて、YouTubeで世界に配信される。本記事この上の画面からご覧いただきたい。

WDR(西部ドイツ放送)は、ケルンを本拠にするノルトライン=ヴェストファーレン州の公共放送局。WDRビッグバンドは、多くのスターミュージシャンを招いて名演の数々を残し、グラミー賞も受賞している名門ビッグバンドで、小曽根真とは初共演となる。当初2022年1月に予定されていたが、延期となっていた。小曽根は、2004年に自身のビッグバンド「No Name Horses」を結成し、以来、ほぼ同じメンバーで活動を継続いていて、ニューヨーク、パリなどでも公演を行なってきている。

スティーヴ・ガッド・バンドは、ジェームス・テイラーのバンドから派生し、現代最高のドラマーとして君臨し続けるスティーヴ・ガッド自身の活動の中核となっていて10年以上継続し、たびたび来日にしている。ドラミング・テクニックの神様としてのスティーヴではなく、歌心を存分に発揮するスティーヴと心地よいサウンドに魅了される。ファースト・アルバム『ガッドの流儀』で、キース・ジャレット・ヨーロピアン・カルテットから<The Wind Up>と<Country>をカヴァーしていたのはECMファンからも注目だ。

小曽根真 featuring No Name Horses – THE BEST –
Blue No[” BLUE NOTE TOKYO LIVE STREAMING 2022

No Name Horses featuring Makoto Ozone / Special guest: Chick Corea
Festival International de Piano de La Roque d’Anthéron – 31 July, 2010

Steve Gadd Band Live at Blue Note Milano
The Wind Up (Keith Jarrett)

WDR Big Band feat. Steve Gadd, Eddie Gomez and Ronnie Cuber

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください