JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 136,248 回

Local(国内)News

3/18 Clube Brasileiro Especial〜沢田穣治、馬場孝喜、KAN、Nobie

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

“Clube Brasileiro Especial”
2024年3月18日(月) 19時 横濱エアジン
¥3,000+1D

沢田穣治 Jyoji Sawada: contrabass
馬場孝喜 Takayoshi Baba: guitar
KAN: percussion
Nobie: vocal
横濱エアジン ライヴスケジュール

溢れるブラジル愛を持ちながら、異なるフィールドで活躍する4人が初めて一堂に会して、既視感のない新しい音を目指すプロジェクトの初ライヴ。

ショーロクラブをはじめさまざまなプロジェクトで活躍、レーベルUnknown Silenceを主宰する鬼才 沢田穣治。

バークリー音楽大学卒業後アメリカを拠点に活躍し、参加作はグラミー賞ノミネート、COVID-19で帰国後は小曽根真、Saigenji、壷阪健登らと共演するパンデイロ、パーカッションの若き名手、KAN。

伝説のプロデューサー宮田茂樹が惚れ込み、トニーニョ・オルタ、リオーネル・ルイケらと共演、東京大学ジャズ研時代にMPBベースの開拓者ルイザオ・マイアのバンドに参加。唯一無二のヴォーカリスト、Nobie。

京都出身。ニューヨーク〜ブラジルに渡り、身に付けた卓越したテクニックと斬新なサウンドで、ジャズ界のレジェンドからJ-Popのスターにまで重用されて来たギタリスト、馬場孝喜。2023年にはNobieと馬場孝喜のデュオ名義アルバム「おわりとはじまり」をリリースしている。

こだわりのハコ、横濱エアジンの店主 うめもと實(minol)。小澤征爾指揮のもとヨーロッパツアーに同行し、ケルン音楽大学入学、ケルン歌劇場管弦楽団などでトランペッターとして活躍。兄の店を引き継ぎ、幅広い音楽を包み込み、ECMアーティストも含め数々の名ライヴを生み出してきた。ここでしか生まれない”the first contact”を楽しみたい。

配信(3週間見放題)も¥2,000で購入できる。

横濱エアジン
045-641-9191
横浜市中区住吉町5丁目60−60 小林ビル

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。Facebookグループ「ECM Fan Group in Japan - Jazz, Classic & Beyond」を主催。ECMファンの情報交換に活用していただければ幸いだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください