#101『バード チャーリー・パーカーの人生と音楽』

閲覧回数 2,427 回

text by Masahiko Yuh 悠雅彦

書名:『バード チャーリー・パーカーの人生と音楽』
著者:Charles Haddix(チャック・ハディックス)
訳者:川嶋文丸
版元:シンコー・ミュージッック
初版:2020年8月12日
価格:¥2,750

腰巻コピー:
生誕100年記念刊行!
最新評伝、邦訳登場。
生地カンザスでの徹底した取材と調査から今、明らかにされる数々の新事実。
モダンジャズの創造者”バード” 真実の姿がここに。

評文については下記を参照願います;
https://jazztokyo.org/reviews/books/post-55772/

 

悠雅彦

悠雅彦

悠 雅彦:1937年、神奈川県生まれ。早大文学部卒。ジャズ・シンガーを経てジャズ評論家に。現在、洗足学園音大講師。朝日新聞などに寄稿する他、「トーキン・ナップ・ジャズ」(ミュージックバード)のDJを務める。共著「ジャズCDの名鑑」(文春新書)、「モダン・ジャズの群像」「ぼくのジャズ・アメリカ」(共に音楽の友社)他。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。