#1434『Akmee / Neptun』

閲覧回数 23,257 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Nakama Records – NKM011CD/LP

Erik Kimestad Pedersen – trumpet
Kjetil Jerve – piano
Erlend Albertsen – double bass
Andreas Wildhagen – drums

  1. Summoning
  2. Dance of the Maniae
  3. Wavelengths
  4. Tides in Space

RECORDED:  Urban Sound Studio by Roar Nilsen, June 2016
MIXED/MASTERED: Hans Andreas Horntveth Jahnsen/Christian Obermayer
PRODUCED: Kjetil Jerve, Andreas Wildhagen, Erlend Albertsen, Erik Kimestad Pedersen


ECM諸作にも通ずる透明感のある音像。なだらかなピアノ・トリオの上を悠然とたゆたうトランペットが印象的なワンホーン・カルテット。ノルウェーのグループNakamaのドラマーを務めるアンドレアス・ウィルトハーゲンらが率いるバンドAkmeeのファースト・アルバムだ。トランペッターのアヴィシャイ・コーエンによるECMリーダー作と聴き比べてみても面白いかもしれない。どこか似た雰囲気を感じるところもあるのだが、Akmeeの演奏にはマンフレート・アイヒャーの美学からは突き抜けていくアグレッシヴなフレーズやローファイなミニマリズムがある。本人たちによると本盤には後期コルトレーンからの影響が流れているようだが、濃厚に感じるのはむしろいま現在のノルウェーのシーンと共振する「温度感の低さ」といったところか。

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター/音楽批評。2013年より執筆活動を開始。編著に『AA 五十年後のアルバート・アイラー』(カンパニー社、2021年)、主な論考に「即興音楽の新しい波──触れてみるための、あるいは考えはじめるためのディスク・ガイド」、「来たるべき「非在の音」に向けて──特殊音楽考、アジアン・ミーティング・フェスティバルでの体験から」など。2018年より「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」と題したイベント・シリーズを企画/開催。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。