#1459『Kubikmaggi / Things』

閲覧回数 26,141 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Ulitka Records – U 030

Ksenia Fedorova: vocals, piano, gusli
Max Roudenko: bass, melodica
Ilya Varfolomeev: drums, percussion
Alexander Timofeev: saxophone

Choir(track3): Artem Kochurov, Aydar Abdrakhmanov, Ilya Varfolomeev, Max Roudenko, Vlad Avy, Egor Yurkevich

  1. Japanese
  2. Gusli
  3. Schostak
  4. Pompeii
  5. Summertime [Vlad Avy ]
  6. Hangar

Producer: Max Roudenko, Engineer: Henning Svoren, Photography by Fittingoff, Recordied by Daniil Koronkevich, Mixed by Max Roudenko, Mastered by Alan Silverman

Pressed by ООО “Маркон”, Recorded at Ocean Sound Recordings, Mastered at Arf! Mastering


2003年に結成されたKubikmaggiは、ロシア・サンクトペテルブルクを拠点に活動するジャズ・ロック・バンド。何度かのメンバーの変遷を経て2008年にファースト・アルバムを発表、今作が三枚めのアルバムとなる。しばらくはピアノ・トリオ編成で活動していたようであるが、本盤ではサクソフォンが加わったワンホーン・カルテットになっている。とはいえ曲によってはヴォーカルも入っていて、さらに鍵盤ハーモニカやロシアの伝統楽器グースリなども駆使した多彩なサウンドを聴かせてくれる。演奏は上原ひろみを思わせるプログレッシヴ・ジャズ・ロックな音像に、フリー・ジャズや音響派の要素も入り混じった内容で、職人技の生演奏による折衷主義の極北をいくような音楽だ。もちろんジャンルの掛け合わせそのものは目新しいものではないが、囁くような歌声とグルーヴィーなリズムには、現在の新しいジャズの動向とも共振する面白さがある。

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター/音楽批評。2013年より執筆活動を開始。編著に『AA 五十年後のアルバート・アイラー』(カンパニー社、2021年)、主な論考に「即興音楽の新しい波──触れてみるための、あるいは考えはじめるためのディスク・ガイド」、「来たるべき「非在の音」に向けて──特殊音楽考、アジアン・ミーティング・フェスティバルでの体験から」など。2018年より「ポスト・インプロヴィゼーションの地平を探る」と題したイベント・シリーズを企画/開催。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。