#1625『Sam Rivers Trio / Emanation』+『Sunny Murray Trio / Homework』
『サム・リヴァース・トリオ/エマネイション』+『サニー・マレイ・トリオ/ホームワーク』

閲覧回数 4,801 回

text by Yoshiaki onnyk Kinno 金野onnyk吉晃

『Sam Rivers Trio / Emanation』
NoBusiness Records NBCD 118

Sam Rivers – tenor and soprano saxophones, flute, piano
Cecil McBee – bass
Norman Connors – drums

1. Emanation. Part I  31:09
2. Emanation. Part II  45:32

Recorded 3rd June, 1971 at the Jazz Workshop, Boston
Original recording produced by Ed Michel
Re-mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios

 

『Sunny Murray Trio / Homework』
NoBusiness Records NBCD 116

Sunny Murray – drums
Bob Dickie – bass
Robert Andreano – guitar

1. Homework 18:56
2. Swell 9:11
3. Good Things 11:16
4. Why You Need A Lawyer When Your Pants On Fire 18:54
5. Memorial Day 7:02
6. In 1:35

Original, limited LP-only edition released as Super Secret Sound (3SLP 010) in 1997

Recorded 30 May, 1994 at 816 South St. Philadelphia, PA
* Bob Dickie – bass clarinet, Robert Andreano – bass
Engineered & mixed by Robert Andreano
2019 expanded CD edition
Re-mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios


サム・リヴァース (1923〜2011) とサニー・マレイ (1936〜2017) に捧ぐ

編集長の許可を得て、今回はこの二枚を同時にレビューする事にした。
というのも、この2人は、あのフリージャズの時代を生き抜いてきた闘士であり、また70年代ロフトジャズの興隆にも関わったのだし、同時ではないがセシル・テイラーのコンボに居た事がある。その2人を今回、同時にリトアニアの「ノー・ビジネス(NoBusiness Records)」がリリースしたのだから、どうしても一緒に語りたいという欲求が抑えられなかった。
面倒だから一括りにしちまえという安易な発想ではない。最近どんどん発掘された名演をリリースするノー・ビジネス(NoBusiness Records) にも本当に敬意をはらう次第だ。まさに「仕事じゃない」、これは使命だといわんばかりのフリージャズ・オンパレード。彼らが出すのは、本国では評価もリスナーも得難い音楽だが、それを良好な音質とユニークなデザインのジャケットで覆い、世界に、現在に再発信しているのだ。
敢えてここで書くまでもないが、稲岡編集長や「ちゃぷちゃぷレコード」の末冨氏の尽力、そして、過去の苦難の歴史が陽の目を見るときがやってきている。

リヴァースもマレイも決して自分達の道を逸れなかった。経済的には厳しかっただろう。マレイはニューヨークでタクシードライバーをしていた。リヴァースは「スタジオ・リヴビー」という、まさにロフトジャズの揺籃を運営していた。
マレイの、この録音は、私が聴く限りでは彼の他の演奏とはかなり違う位相を示している。ギターとベース、またはバスクラとベースのトリオ。最初に聴いたとき、思い出したのはビル・フリーゼル、ロナルド・シャノン・ジャクソン、メルヴィン・ギブスのトリオによる『パワー・ツールズ』だった。しかしそれに比べればシャープさがない。何か地を這うような暗雲の漂うような、長い導入部。それは次第にひとつのうねりとなって覆いかぶさってくる。
マレイのドラミングは本来決してシャープ、タイトではない。このアルバムに収録されたソロを聴いても、どちらかといえば野暮ったい、しかし重いキックの音と細かいシンバルワーク、それは60年代から変わっていない。もし似た演奏スタイルを挙げれば、スヴェン・オケ・ヨハンソンだろうか。
かたやリズムの維持を放擲して、パルスのドラミング、まさに「フリージャズのドラム」を生み出したマレイ、そして海の向こうで「フリーミュージック」を提唱した一群の代表の一人ヨハンソン。強い影響は感じられる。

マレイ、そしてアルバート・アイラーとゲイリー・ピーコックとのトリオはまさに革命的だった。「何かが変わった、しかも確実に」という演奏だった。マレイのパルスは変幻自在なビーコックのベースと絡み合い、アイラーの咆哮を支えた。しかしマレイは、セシル・テイラー、ジミー・ライオンズと、その3年前にトリオを組んでいたのだ。
私はいつも62年のカフェ・モンマルトルに思いを馳せる。そこでは酔客の会話、おざなりな拍手、転がる瓶の音まではっきり聞こえるが、テイラー・ユニットは、ひたすらに自らを鍛え上げていた。マレイはジャズから遂にリズムの呪縛を断ち切っていた。

それから30年が過ぎ、94年に録音されたエレクトリック・ベースとエレクトリック・ギターのトリオは、決して革命的ではない。しかし、今こそ革命が必要ではないのか、ポピュリズムとレイシズムと保護主義のアメリカに。そして改憲、原子力製作、基地問題、大地震の予兆に怯え、五輪、万博に浮かれる国に。革命というのがあまりにも前時代的でレトリックに過ぎず、曖昧だと笑われるなら、フリージャズの精神を何と呼べばいいのだろう。少なくともそれは、こぎれいなホールや、都会のクラブで、時を忘れる享楽の音楽ではない。

そうだ、音楽の精神的作用には、ものを考えなくするという機能がある。しかしフリージャズは考えさせるだろう。ワタシは今何を聴いているのかと。
ジャック・デリダがオーネット・コールマンに期待したのは何だったのか。ロゴサントリスム、フォノサントリスムに対抗する脱構築としてのサウンド、声=言葉に対する音の差延としてのハーモロディクスではなかったとすればなんだったのだろう。それは少なくともジル・ドゥルーズがボブ・ダイランに期待したものとは決定的に違う。ましてやジャック・アタリのセンスなどあてにならない。

テナーの闘士、リヴァースを意識したのは、セシル・テイラーの『マグー美術館の夜=Aの第二幕』だが、このときドラマーは既にアンドリュー・シリルになっている。69年の演奏だ。これに先立つ『ユニット・ストラクチャーズ』(1966)には参加していない。しかしリヴァースは64年から67年にかけてブルーノートに毎年録音をしているから独自に歩を進め、そしてテイラーに出会っていたのだ。

今回のリリースでソプラノ、フルート、そしてピアノも聴かせる。
時に声を出しながらソウルフルに歌うフルートも良い。叫び、歌い、そしてオカリナも吹いているようだ。しかし私は特に彼のピアノに惹かれた。確かにピアニストの音ではない。しかしここには、かつて一緒にやってきたセシル・テイラー以上にソウルフルなピアニストがいる。どこかミルフォード・グレイヴスのピアノにも似ている。
リヴァースは、72年、ジョージ・ラッセル=ビル・エヴァンスのオーケストラで、滅多に共演する事の無い名手たちとも共演(ジミー・ジュフリー、ジョー・ヘンダーソン、エディ・ゴメス、ロン・カーター、スタンリー・クラーク、トニー・ウィリアムス、マーティ・モレル等々)、またECMにもデイヴ・ホランド、アンソニー・ブラクストンと録音している。豊穣な年だった。まさにEmanation=横溢の時。
この録音から5年して彼は、マイケル・クスクーナと協力し5枚組のLP『ワイルド・フラワーズ』を製作する。サニー・マレイも参加し、かつてのフリージャズの戦友会の趣もあるが、若きデヴィッド・マレイや「エアー」の面々など、22のトラック全てが聞き応えある熱演だ。この、まさにロフトジャズの宣言は、リヴァースのスタジオ・リヴビーの十年間の臥薪嘗胆によって発信された(それは「ちゃぷちゃぷレコード」に言うべきかな)。
こういう言い方は嫌いだが、コマーシャリズムに背を向けて、彼自身とブラック・ミュージックの為に戦う音楽家のイメージがある。

私がフリージャズ、フリージャズと執拗に繰り返す。そしてまたフリーミュージックは、と語りだす。そこには明瞭な違いがある。前者にはフレーズとしてのテーマがあり、後者では、あっても構わないが、むしろ必要ない。だからインカス、ベイリー、カンパニー系の音楽と、ロフトジャズ連中の相違は明らかだ。其の意味ではフリーミュージックがノイズや、音響派(懐かしいな)に、あるいは不確定性音楽に流れても不思議はない。しかしマレイやリヴァースが、フリーミュージックに陥る事は無いだろう。

あるいはフリージャズにはソウルがあるが、フリーミュージックにはないと言っても良いだろうか。
なに、古いって?
そう、古いのだ。マレイにしてもリヴァースにしても古い。しかしここでは古い事が重要である。もはやフリージャズが誕生して半世紀以上経過した古典であり、古典に帰る意識が必要だ。温故知新などと言う前に、今、この二枚を聴け。いや、そんじょそこらの「なんちゃってフリー」ではない。二十世紀後半の波濤をかいくぐり、さらに自らの船を繰り出す2人の船長の声を。
帆柱は折れたかもしれない、浸水もしているかもしれない。しかし「型は古いが時化(しけ)には強い」のがオヤジの船だ。


♫ NoBusiness Records
http://nobusinessrecords.com/
♫ ちゃぷちゃぷレコード
https://www.chapchap-music.com/
♫    末冨健夫
https://www.universal-music.co.jp/chapchap/news/chapchap-news-interview/

アバター

金野 "onnyk" 吉晃

Yoshiaki "onnyk" Kinno 1957年、盛岡生まれ、現在も同地に居住。即興演奏家、自主レーベルAllelopathy 主宰。盛岡でのライブ録音をCD化して発表。 1976年頃から、演奏を開始。第五列の名称で国内外に散在するアマチュア演奏家たちと郵便を通じてネットワークを形成する。 1982年、エヴァン・パーカーとの共演を皮切りに国内外の多数の演奏家と、盛岡でライブ企画を続ける。Allelopathyの他、Bishop records(東京)、Public Eyesore (USA) 等、英国、欧州の自主レーベルからもアルバム(vinyl, CD, CDR, cassetteで)をリリース。 共演者に、エヴァン・パーカー、バリー・ガイ、竹田賢一、ジョン・ゾーン、フレッド・フリス、豊住芳三郎他。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。