#1986 『フランソワ・キャリリール,纐纈雅代,不破大輔,井谷享志/日本組曲』
『Francois Carrier,Masayo Koketsu,Daisuke Fuwa,Takashi Itani / Japan Suite』

閲覧回数 6,991 回

text by Maciej Lewenstein マチェイ・レヴェンシュタイン

NoBusiness Records NBCD 125

François Carrier – alto saxophone
Masayo Koketsu – alto saxophone
Daisuke Fuwa – double bass
Takashi Itani – drums and percussion

1. Uchi-soto(Inside Outside)25:10
2. Kacho-fugetsu(Flower, bird, wind, moon)14:27
3. Rakuyou(Falling Leaves)15:35
4. Ogose(Town Ogose)8:31
5. Yuzu(Citron)11:15
6. Kaze To Kumo Ni Noboru(Climb the Wind and Clouds)3:28

Recorded live at Yamaneko-ken, Ogose, Saitama, Japan, 7th December, 2019
Gig promoted by Tatsuo Minami for Yamaneko-ken
Recorded and mixed by François Carrier
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Cover artwork – © 2014 Éric le Ménédeu
Booklet photos – Yoshie Tachiki
Album produced by Kenny Inaoka, François Carrier and Danas Mikailionis
Co-producer – Valerij Anosov


La soirée Japanaise

NoBusiness Records also made several fantastic releases during the Covid19 era: “Japan Suite” is a perfect example. Recorded live at Yamaneko-ken, Ogose, Saitama, Japan, in December 2019, includes 6 kind free jazz songs in Japanese style. The fantastic idea of this album is actually to confront kind free jazz phrasing of François with the truly free jazz phrasing of Masayo Koketsu. That is actually the second amazing aspect of this album: the battle of two alto saxophones.
The opening monumental “Uchi-soto – Inside Outside” is a great illustration of these aspects. All of this happened with the help of the amazing rhythm section of Daisuke Fuwa and Takashi Itani: imaginative, creative and expressive. “Kacho-fugetsu – The Beauties of Nature” is notable for the incredible load of joy of joint making music. It is a more traditional track with a “walking bass” structure, but a completely crazy conversation of altos that develops into an orgiastic free jazz explosion. “Rakuyou – Falling Leaves” is the most beautiful track of the album – a slow ballad-like track with heart breaking howls of the two saxophonists. “Ogose”, which is the name of a town, starts with a wonderful bass solo and develops into another tears-squeezing ballad with an eruptive and expressive final . “Yuzu – Citron” returns to the more powerful climates in terms of saxophone phrasing, keeping, however, a moderate tempo. “Kaze to kumo ni noboru – Climb the wind and clouds” end this outstanding, but unusual record of François: it is without any doubts his music, yet very different from what were used to.

A multi-carat diamond!!!

日本の夜...大粒のダイアモンド!!!

NoBusiness Records(リトアニア)は、Covid19をものともせず数点の素晴らしいアルバムのリリースを敢行した。『Japan Suite』(日本組曲)はその完璧な一例である。このアルバムは、2019年12月に埼玉県越生の山猫軒で行われた6曲の日本スタイルのフリージャス風の演奏を収録したもの。魅力の焦点は何と言っても、フランソワ(キャリリール)のフリージャズ風フレージングと纐纈雅代のリアル・フリージャズのフレージングを対決させたアイディアにある。次いで、驚くべき焦点はふたりのアルト奏者のバトルである。
記念すべきオープナーの<Uchi-soto – Inside Outside>(内外)はこれらの焦点を象徴する良き実例である。この素晴らしい演奏も不破大輔(b)と井谷享志(ds,perc)という驚くべきリズム・セクションの想像力と創造力にあふれ表現力に富んだサポートあればこそであるのだが。続く<Kacho-fugetsu – The Beauties of Nature>(花鳥風月)は、ユニットで音楽を創造する悦びにあふれた注目すべきテイクである。“ウォーキング・ベース”が芯を作るなか、猛々しいフリージャズの極地に展開していくふたりのアルト奏者が激越なやりとりをみせるやや伝統的なトラックである。<Rakuyou – Falling Leaves>(落葉)は、ふたりのサックス奏者の胸を打つ交錯が特徴的なスローバラード風演奏で、アルバム中もっとも美しいトラック。<Ogose>(越生)は山猫軒が存在する街の名前を取った曲で、素晴らしいベース・ソロで始まり目頭と熱くするようなバラードを経て激しく印象的なエンディングを迎える演奏。<Yuzu – Citron>(柚子)は、心地よいテンポを維持しつつサックスが再びパワーを取り戻す。<Kaze to kumo ni noboru – Climb the wind and clouds>(風と雲に上る)でフランソワのこの尋常ならざる傑作アルバムは幕を閉じる。
これは紛うことなきフランソワの音楽だが、明らかに僕らが親しんだ彼の音楽とはかけ離れた内容ではある。(訳責:稲岡邦彌)

photo:Kenny Inaoka

http://nobusinessrecords.com/japan-suite.html


Maciej Lewenstein マチェイ・レヴェンシュタイン
ポーランド生まれの物理学者。バルセロナ在。毎週、自身のFacebookにポーランドを中心としたジャズCDのレヴューを発表。書籍にまとめた実績もある。
https://www.amazon.com/Polish-Recordings-Beyond-Lewenstein-Maciej/dp/8380117441

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。