#2071 『Tamara Lukasheva / Gleichung』

閲覧回数 4,811 回

Text by Kayo Fushiya 伏谷佳代
2021年3月19日発売

WIS5045

Tamara Lukasheva (piano, vocal, composition)

tracks;
1. Singet leise (w: Clemens Brentano)
2. Eisnacht (w: Clara Mueller-Jahnke)
3. Neue alte Haeuser (w: Asja Klimanova)
4. Interludium
5. Rilke (w: Rainer Maria Rilke)
6. Von der Tiefe (w: Hildegard von Bingen)
7. Die Erde
8. Ich sehe dich, Maria / Tian (w: Novalis)
9. Song for Anna
10. Der Schatten (w: Clara Mueller-Jahnke, Theodor Fontane)
11. Prelude Nr.2 (Album Bonus)

Produced by Tamara Lukahseva
Executive producer: Juergen Czisch
Music publisher: MV-NRW Musikverlag


本年度のWDRジャズ賞の受賞者、タマラ・ルカシェヴァ(Tamara Lukasheva)による初のソロ・アルバム。タイトル “Gleichung”(グライヒュング)は、英語では “equation”、「等しくあること」または「個体差」などを意味する。なるほど、身体(ヴォイス)と楽器(ピアノ)、歌詞とスキャット、作曲と即興、過去と現在、内面と外界、現実とヴィジョン、などあらゆる二項要素が「主・従」の関係に陥ることなく、等値に息吹き、独立した音色となり、瞬間の花を咲かせる。自由に満ち、どんな微細な一音も漏れなく個性的。ロマン主義(クレメンス・ブレンターノ、ノヴァーリス)や中世(ヒルデガルト・フォン・ビンゲン)、19世紀(クララ・ミュラー・ヤーンケ、ライナー・マリア・リルケ)に至るまでのドイツの詩、母国ロシアの現代詩人・A.クリマノヴァなど、時空を跨ぐ広汎な歌詞の精選にも知的背景が窺われるが、それらがスキャットと自在に織り交ざり魂の告解のような全く新しい音楽劇が形成されてゆく。声域の広さ(3オクターヴ)と多様なスキャットのヴァリエーションには相も変わらず驚かされるが、今回はその器用さに静けさと威風が加わった。素養の高さを映し出す成熟したピアノ演奏能力も聴き応え十分。どんな感情の機微にも寄り添う卓越したシンクロ能力は、演劇畑出身の面目躍如といったところか。

ヨーロッパでは文学の朗読が盛んにおこなわれるが、言葉と音との境界、その現在進行形の侵食関係がよく顕われている。どう表現するかではなく、表現したいことは何なのか。その核がブレないからこその、表現形態の無限の拡がりである。版元のwismARTは、バルト海沿いの小都市・ヴィスマールにあるレーベル。志の高い制作者が各地にいることもドイツ音楽界の強みであろう。(*文中敬称略)


This is the first solo album of Tamara Lukasheva, the prizewinner of the WDR Jazz Prize 2021. The album entitled “Gleichung” in German, means “equation” or “be individual”. Surely, every dichotomic difference like body (voice) /instrument (piano), lyric/scat, composition/improvisation, past/present, inner vision/outer world, etc., are equally breathing, having independent tone color, and making a momentous bloom. Her world is thoroughly brimmed with freedom, any subtle tone is taking on her nuance. Non only her broad selection and ordonnance of the lyrics from diverse space-time including the Romantic period (Clemens Brentano, Novalis); the Middle Ages (Hildegard von Bingen);19th Century (Clara Mueller Jahnke, Rainer Maria Rilke); and her mother country, Russia’s contemporary poet (Asja Klimanova) reflects on her intellectual background, but also they are freely intertwined with her scats realizing as an unprecedented radical music theater, simultaneously giving off an aura of confession. Although her three-octave pitch range and skillful variation of scats are overwhelming as ever, dignified quietness is added to this time. Performance ability of piano which reveals her culture of music is also worth listening to. Her way of synchronization which cuddles up to any subtlety of feeling enhances her career coming out of the theater.

There is a long-time tradition of recitation in Europe. This album is an embodiment of the boundless relationship between words and music, its ongoing mutual erosive state at the front. What matters is not “how to express”, but “what is expressed”; any variant of forms presupposes the existence of its core. “wismART” is a small label in Wismar, a small city by the Baltic sea. The strength of the German music scene is thus supported by high motivated producers nationwide. (*titles omitted)


Links;
https://tamaralukasheva.de/
https://label.wismart.de/releases/wis5045

https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-3484/

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 1975年仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時 (ポルトガル・ドイツ・イタリア) に各地の音楽シーンに通暁。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評、演奏会プログラムの執筆、翻訳などを手がける。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。