#1224 『Chris Pitsiokos Trio/Gordian Twine』

閲覧回数 30,809 回

New Atlantis NA-CD-023 CD

Chris Pitsiokos (as)
Max Johnson (b)
Kevin Shea (ds, perc)

1. Prologue
2. Lethe
3. Clotho
4. Lachesis
5. Atropos
6. Dissolution
7. Epilogue

Recorded by WKCR-FM Brooklyn, NY
Engineered by Gabe Ibagon, October 2nd 2014
Mixed by Chris Pitsiokos
Mastered by Weasel Walter
Written / Published by Chris Pitsiokos


ピアノレスのサックス・トリオというフォーマットで、クリス・ピッツィオコスが演奏した。これまで、『Maximalism』ではギターとドラムスとのトリオ、『Paroxysm』ではエレクトロニクスとのデュオ、『Drawn and Quartered』ではドラムスとのデュオを聴かせてくれたわけだが、本盤は、そのいずれとも異なる多様な音を提示してくれるものだった。

(1) Prologue。ベースのイントロと、ケヴィン・シェイのドラムスの放つヴァイタルな音の中で、朗々と何かを宣言するようにロングトーンで参入してくるアルトサックス。

(2) Lethe。はじまりの音は、小鳥のさえずりに例えるにはグロテスクにすぎる。ピッツィオコスのアルトには、何かひとつのものではなく、次々と別のキメラに化けていく感覚がある。そして、ベース、ドラムスとの間合いをはかりながら、おのおのが次の手を出さんとして息を呑むような緊張感が訪れる。

(3) Clotho。彗星のようにNY即興シーンに登場して以来、どちらかといえばエキセントリックなプレイで注目されてきたピッツィオコスだが、ここでは少しイメージが異なり、微分的な音が理知的に連なるフレーズを聴かせる。筆者が去る3月、ブルックリンでかれに尋ねたところ、本人は影響を受けたプレイヤーのひとりとしてアンソニー・ブラクストンを挙げていた。そのとき、ふたりのスタイルがまったく異なることを興味深く思ってもいたのだが、実は共通するところもあったのだろうか。

(4) Lachesis。残響音を生かしたベース・ソロの後で登場するクリスは、デュオで、静かで不穏なブルースを吹く。こんなこともできるのか。

(5) Atropos。シェイのドラムスと激しく競り合いながら、われ先へと互いに飛翔する。途中の滑空を経て、また高みへ高みへとのぼっていく。そしてふたたび、静かなる間がある。作曲も見事。20代半ばにしてもはや成熟しているのは驚くべきことだ。

(6) Dissolution。ごく短い奇妙な間奏曲。ここで繰り出す、泡立つようなアルトの音は何だ。

(7) Epilogue。またもピッツィオコスはグロテスクな小鳥にメタモルフォーズする。ベースとドラムスとの陰に隠れて、ひたすら響かせんと挑み続ける倍音が素晴らしい。

ピッツィオコスはほぼ独学でアルトサックスを習得したのだという。かれのプレイを見るとわかることだが、鼻の下を奇妙なほどに伸ばしたり頬を膨らましたりして、相当に独特な吹き方である。聴くたびに驚かされるほど多彩でユニークなサウンドは、かれのアルトが独自の進化を遂げた結果でもあるに違いない。

齊藤聡

齊藤 聡(さいとうあきら) 著書に『新しい排出権』、『温室効果ガス削減と排出量取引』(共著)、『これでいいのか福島原発事故報道』(共著)、『阿部薫2020 僕の前に誰もいなかった』(共著)、『AA 五十年後のアルバート・アイラー』(共著、細田成嗣編著)、『開かれた音楽のアンソロジー〜フリージャズ&フリーミュージック 1981~2000』(共著)、『高木元輝~フリージャズサックスのパイオニア』(共著)など。『JazzTokyo』、『ele-king』、『Voyage』、『New York City Jazz Records』、『Jazz Right Now』、『Taiwan Beats』などに寄稿。ブログ http://blog.goo.ne.jp/sightsong

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。