#2095 『柳原由佳 with 山田吉輝/エンブレイス』
『Yuka Yanagihara with Yoshiki Yamada / Embrace』

閲覧回数 12,826 回

Text by Hideo Kanno 神野秀雄

『柳原由佳 with 山田吉輝/エンブレイス』
『Yuka Yanagihara with Yoshiki Yamada / Embrace』

柳原由佳 Yuka Yanagihara: piano
山田吉輝 Yoshiki Yamada: bass

1. Marlborough St. (Yuka Yanagihara)
2. Beyond the Milkyway (Yoshiki Yamada)
3. Winter Lullaby (Yuka Yanagihara)
4. Embrace (Yuka Yanagihara)
5. Marguerite (Yuka Yanagihara)
6. Flow (Yuka Yanagihara)
7. Reflection (Yuka Yanagihara)
8. Moonlight (Yuka Yanagihara)
9. Sunset Clouds (Yoshiki Yamada)

2020年12月4日、愛知県尾張旭市 Speak Low Studio で録音
録音、ミキシング、マスタリング: 伊藤英彦
写真&デザイン:柳原由佳

CD: Tomtom Cherry Music TCM-2003
ダウンロード版:
・通常版:flac形式(16bit/44.1kHz)+mp3形式
・ハイレゾ版:flac形式(24bit/96kHz)
2021年6月22日リリース

詳細と購入は柳原由佳公式ウェブサイトへ

バークリー音楽大学で2006年頃から同時期に学んでいた、ピアノの柳原由佳、ベースの山田吉輝、ドラムスの則武 諒の素晴らしい3人のミュージシャン。その3人が在学中から活動を始めたピアノトリオが「柳原由佳トリオ」名義で継続しており、現在はニューヨーク・ブルックリン在住で活躍中の山田が年に1〜2回一時帰国するのに合わせて、池袋Apple Jumpなどでライヴを行なってきた。アルバムとしては、2013年のアメリカでのライヴを収録した『Remember My Places』 、2018年に国内スタジオ録音による『Inner Views』の2枚をすでにリリースしている。『Embrace』は柳原由佳トリオでの2枚に続く、柳原由佳個人プロジェクトの3枚目となるアルバムだが、柳原と山田のデュオとなった。トリオの3人とも甲陽音楽学院からバークリーに進学しているが、特に柳原と山田は甲陽時代からの長い付き合いだという。

COVID-19感染拡大で音楽活動が制約されていた2020年12月に山田が一時帰国し、池袋Apple Jumpでのライヴの後、愛知県尾張旭市のSpeak Low Studioからの無観客配信を予定していた。しかしタイミング悪く、則武がCOVID-19濃厚接触者に認定されてしまったために愛知への移動ができなくなり、柳原と山田のデュオでの無観客ライヴ配信となり、穏やかそうに見えて実行力と瞬発力がある柳原が、ピンチをチャンスに替えてデュオアルバムの制作を急遽決めた。

ジャケット写真は柳原撮影によるもので、長野県上高地の晩秋の森、タイトルの『Embrace』は「愛情の抱擁・優しく抱きしめる」という意味。収録されているのはすべてオリジナルで、柳原が7曲、山田が2曲を持ち寄っており、長くライヴで暖めてきた曲もあれば、録音直前に書かれた曲もある。急ぎの制作での権利処理関係上、スタンダードのフォービートやバラードの世界観をジェネリックに創った曲があるのもかえって面白い。二人は作曲には特別な才能があり、優れたオリジナルとその世界観で魅了する。特に秋冬の光景をイメージした美しいオリジナルの数々と濃密なインタープレイから生まれる鮮やかな色彩と爽やかな空気感に浸ることができる。

2021年6月10日には埼玉県蕨市Our Delightでのデュオ、11日には池袋Apple Jumpでのトリオでの公演が行われ、『Embrace』の色彩と響きを心から楽しむことができた。このアルバムの成功を喜びつつ、則武を加えた柳原由佳トリオでの3枚目のアルバムも楽しみにしたい。


2012年12月4日 愛知県尾張旭市 Speak Low Studio


L+R: 2020年11月22日 池袋Apple Jump © Hideo Kanno

なお、同時期に、山田は同じくニューヨーク在住のギタリスト吉田 孟(よしだはじめ)とともに『吉田 孟&山田吉輝/Myriorama』もリリースしており、<Beyond the Milkyway>と<Sunset Clouds>はこちらに別ヴァージョンがある。SpotifyApple Musicで聴くことができる。山田がよく共演しているピアニストNoah MacNeilによるジャケットも秀悦だ。また、ベーシスト伊東佑季をリーダーに柳原由佳、木村紘(ds)が、やはりバークリー音楽大学から繋がった「伊東佑季トリオ」もアルバム『Semendo Sementes Live at 上尾プラスイレブン』をリリースしたばかり。こちらのジャケットは木村紘が描いている。

Yuka Yanagihara Trio – MoonRiver (2018)

『Yuka Yanagihara Trio / Remember My Places』 試聴 (TCM-2001)

『Yuka Yanagihara Trio / Inner Views』 試聴

<2018 March> (仮題) 柳原由佳(p) 安ヵ川大樹(bass)

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。