#2115 『Lyle Mays / Eberhard』
『ライル・メイズ/エバーハルト』by 新澤健一郎

閲覧回数 3,443 回

Text by Ken’ichiro Shinzawa  新澤健一郎

まずはなるべく事前情報なしで聴く。

ライルのピアノとシンセサイザーの豊潤な響きが部屋いっぱいに広がる。

これで充分だった。

スティーブ・ロドビーが書いたライナーを読むと、以前に書いたマリンバの為の委託作品を2019年に改訂して録音された、ライルの最後の録音作品とのこと。

あとの色々な事は誰かが書いてくれるのだろう。

その想いはどのようなものだったのだろうか。

久しく作品創りから距離を置いていたライルの最後の筆をこうして聴くことができて感謝の気持ちに溢れている。

新澤健一郎
2021.8.29

—————
『Lyle Mays / Eberhard』
『ライル・メイズ/エバーハルト』

2021年8月27日(金) CD、レコード、デジタル、ストリーミングで世界公開

EBERHARD 13:03

COMPOSITION, ARRANGEMENT & PRODUCED BY Lyle Mays
ASSOCIATE PRODUCERS Steve Rodby and Bob Rice
EXECUTIVE PRODUCERS Lyle Mays and Aubrey Johnson
RECORDED, MIXED, AND MASTERED BY Rich Breen

LYLE MAYS piano, synthesizers
BOB SHEPPARD tenor sax soloist, flute, alto flute, clarinet, bass clarinet
MITCHEL FORMAN Wurlitzer electric piano, Hammond B3 organ
STEVE RODBY acoustic bass
JIMMY JOHNSON electric bass
ALEX ACUÑA drums, percussion
JIMMY BRANLY drums, percussion
WADE CULBREATH marimba, vibraphone, orchestra bels, xylophone, tone bells
BILL FRISELL guitar
AUBREY JOHNSON vocals (featured)
ROSANA ECKERT vocals
GARY ECKERT vocals
TIMOTHY LOO cello (principal)
ERIKA DUKE-KIRK PATRICK cello
ERIC BYERS cello
ARMEN KSAJIKIAN cello

RECORDED AUGUST 2019 THROUGH JANUARY 2020
STEINWAY MODEL D SPIRIO R PIANO courtesy of Steinway & Sons
より詳細なクレジットはこちらを参照

【JAZZ TOKYO 関連記事】
ありがとう、ライル・メイズ by 新澤健一郎


新澤健一郎 Ken’ichiro Shinzawa – ピアニスト・キーボーディスト・作曲家・編曲家
1968年4月3日東京生まれ。6歳からピアノを学ぶ。東京工業大学大学院建築学専攻修士課程を修了。その後ジャズ、フュージョン、ブラジル音楽、ポップスなど様々な分野を手がける音楽家になった。「PRISM」で「クロスオーバー・ジャパン2004」に出演。NHKピタゴラスイッチ「きょうのスレスレ」のピアノ、NHKドラマ「本棚食堂」の音楽、水樹奈々オーケストラ・コンサート、クリスハートxSMAP、映画「おいしい家族」(音楽:本多俊之)、音楽劇「銀河鉄道の夜2020」(演出:白井晃、音楽;中西俊博)のバンドマスター、NHK東京児童劇団、国際子ども図書館「絵本ギャラリー」など幅広い演奏と作品を手掛ける。共演者は森山威男、増尾好秋、渡辺香津美、本多俊之、櫻井哲夫、カルメン・マキ、早坂紗知、米川英之、本田雅人、今堀恒雄、平松加奈、大槻KALTA英宣、Gene Jackson、Eero Koivistoinen、Jukka Eskola、Timo Lassyなど。これまでに9枚のリーダー作CDを発表。「新澤健一郎ピアノトリオ」「イチョウ五重奏団」「Nervio(ネルビオ)」のリーダー。 昭和音楽大学非常勤講師。
公式ウェブサイト shinzawa.net

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。