#2173 『DAY & TAXI / RUN, THE DARKNESS WILL COME!』

閲覧回数 1,060 回

text by Yoshiaki Onnyk Kinno 金野Onnyk吉晃

percaso 39, percaso productions, Switzerland, 2022

Christoph Gallio-alto saxophone, soprano saxophone, C merlody
Silvan Jeger-double bass, electric bass, voice,shrutibox
Gerry Hemingway-drums, percussion


DAY & TAXIは、1957年スイス生まれの作曲家、クリストフ・ガリオが結成したサックス、ベース、ドラムのトリオとしてスタートした。

私と彼は1986年以来親しい友人であり、日本やスイスのいくつかの都市で時々一緒に演奏してきた。彼はDAY & TAXIで来日し、向井千惠、風巻隆など、様々な日本人ミュージシャンと共演した。DAY & TAXIは香港でも演奏した事がある。

彼の主な作品はDAY & TAXIのための作曲で、年々そのスタイルを変えている。それは初期には、テーマやフリー・インプロヴィゼーションの動機のようなものだった。それが、より複雑なアンサンブルや、繊細なポリフォニーへと変化していく。さらに、アントン・ウェーベルンの作品のように、1曲2分程度の小品が連なるようになった。これらのテイストは、いかにもヨーロッパ的なモダニズムであり、構築的であると感じた(このCD所収の<Corinne>は、そのようなタイプの作品である)。アルゼンチン留学を経て、クリストフの音楽はよりバイタリティに溢れ、自然な即興性に回帰している。Cメロディ・サックスの音色を取り入れた新しい試みが効果的だ。

かつて彼はスティーブ・レイシーに師事し、その影響下でソプラノサックスを演奏していた。元々ソプラノだけでなく、アルトサックスも得意としている。

この最新アルバムでは、個性的なシンガー、Silvan Jegerを迎え、新しいアプローチが明らかにされた。彼は優れたベーシストでもあり、私はDAY & TAXIのジャパン・ツアーで共演した。彼の歌はエモーショナルなものではなく、独白的な語りに近い。

ドラムはGerry Hemingwayで、90年代にSteve Lacyトリオのドラマーとして活躍していたテクニカルなタイプだ。私はLacyの 『Amien concert 』で彼を知り評価していた。

とにかくトリオの新しい試みは、スウィンギーな細密画のような印象だ。それは例えば「オルタナティヴ・ロック」を彷彿とさせる。

また、彼らは「声」ではなく、「歌」という第4のサウンドを採用した。第5の音もある。Silvanが弾くハルモニウムの一種「シュルティボックス」。これがドローンとなり、クリストフのCメロサックスが力強く歌い上げる。このCDに収録されている <Too much nothing>は、彼のこれまでの音楽とは大きく異なる。

この作品は、Christoph自身のレーベルから入手可能である。

Percaso Priduction
Im Roggebode 6
Baden 5400
Switzerland
PERCASO<percaso@access.ch>

金野 "onnyk" 吉晃

Yoshiaki "onnyk" Kinno 1957年、盛岡生まれ、現在も同地に居住。即興演奏家、自主レーベルAllelopathy 主宰。盛岡でのライブ録音をCD化して発表。 1976年頃から、演奏を開始。第五列の名称で国内外に散在するアマチュア演奏家たちと郵便を通じてネットワークを形成する。 1982年、エヴァン・パーカーとの共演を皮切りに国内外の多数の演奏家と、盛岡でライブ企画を続ける。Allelopathyの他、Bishop records(東京)、Public Eyesore (USA) 等、英国、欧州の自主レーベルからもアルバム(vinyl, CD, CDR, cassetteで)をリリース。 共演者に、エヴァン・パーカー、バリー・ガイ、竹田賢一、ジョン・ゾーン、フレッド・フリス、豊住芳三郎他。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。