#492『Michael Formanek Elusion Quartet / Time Like This』  

閲覧回数 5,175 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Intakt CD 313 2018

Michael Formanek Double Bass
Tony Malaby Tenor and Soprano Saxophones
Kris Davis Piano
Ches Smith Drums, Vibraphone, Haitian Tanbou

1 Down 8 Up 5
2 Culture of None
3 A Fine Mess
4 This May Get Ugly
5 The Soul Goodbye
6 That Was Then
7 The New Normal
All music by Michael Formanek

Recorded February 14th, 2018, at Oktaven Audio, Mount Vernon, New York, USA, by Ryan Streber.
Mixed in April 2018 and mastered in July 2018 at Oktaven Audio by Ryan Streber.
Cover art: Heike Liss. Graphic design: Jonas Schoder. Photos: John Rogers. Liner notes: Hank
Produced by Michael Formanek and Intakt Records, Patrik Landolt and Anja Illmaier.

Photos: John Rogers, New York 2018

 


極めて高音質、楽器の質感に潤いを感じる優秀録音に出会う。
サックスの明瞭な音像のエッジ。さらに音色の多様な変化を詳細に捉えたサウンドが素晴らしい。奏法の現代的表現では鋭く音像が立ちはだかる。まとわりつくピアノ、パーカッション、ヴィブラホーン等の輝きを保った音質とベースのリアルさには脱帽。録音技術がこの作品に大きく作用して、曲が変わるごとにサウンドの進展がまとわりつく。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。