#488『大西順子セクステット / XII(twelve)』

閲覧回数 9,670 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Somethin’ Cool  SCOL-1030 2,778円 + 税

大西順子(p, key)
広瀬未来(tp, flh)
吉本章紘(ts, fl)
片岡雄三(tb)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)

01. One Lap Behind
02. Falling Rocks
03. Apple of My Eye
04. Dr. Pu!Poon
05. Baby I’m yours
06. July
07. Teenager
08. Dark Chime
09. Head Towards the Light
10. Cura de gatos
11. Unity 1 みんなの曲
12. Remembering Spring

Recorded at Sound City, Tokyo, August 29&30, 2018
Recording & mixing engineer: Shinya Matsushita
Mastering engineer: Akihito Yoshikawa
Produced by Junko Onishi
Co-producers: Hitoshi Namekata & Ryoko Sakamoto


ピアノ、エレクトリックとアコースティックのサウンドが充実感で表現され、音像、音圧、が曲によって細かくサウンド調整がなされている。3管の勢いを感じるバランスにミックス技術の精密さを感じ、音像の切れが曖昧になる現象を見事に避けている。通常起こりうる演奏の熱気を損なう事象がない。トゥッティの混濁も、マイクの個性を生かして中音域の明瞭さで解決。素晴らしい録音だ。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。