#491『Wadada Leo Smith+Sabu Toyozumi 豊住芳三郎/ Burning Meditation』

閲覧回数 5,344 回

text  by Kimio Oikawa 及川公生

NoBusiness Records NBCD 110

Wadada Leo Smith – trumpet, koto, bamboo-flute, voice and percussion
Sabu Toyozumi – drums

1. Creative Music-1- Red Mountain Garden, Wild Irises and Glacier Lines 15:53
2. Burning Meditation – Uprising 14:30
3. Voices – Agano River Flow 10:32
4. Don Cherry, A Silver Flute Song 7:51
5. There are Human Rights Blues 8:27
6. Stars, Lightening Bugs and Chrysanthemum Flowers 5:28

Recorded live on the 22nd March 1994 at C.S Akarenga in Yamaguchi City, Yamaguchi, Japan by Takeo Suetomi
Concert produced by Takeo Suetomi
Mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Produced by Danas Mikailionis and Takeo Suetomi (Chap Chap Records)


臨場感たっぷりの録音が、突き抜ける管楽器の鋭さに情景を生む。トランペット、笛、など..輪郭のエッジが極めて明確だ。対抗するドラムの反発力が勢い強く印象に残る。中低音のエネルギー感が襲いかかる。弱音が描くパーカッションの残像が、拡散された感触で描かれる。これが音像でしか想像できない空間を埋める。即興の大事さを音場感で仕上げた録音だ。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。